[新製品・サービス]

日立、クラウドソリューション「Harmonious Cloud」の事業推進体制を強化

2010年5月28日(金)

日立製作所は2010年5月27日、日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud」の事業推進体制を強化することを発表した。

情報・通信システム社内に、同社と日立システムアンドサービス、日立情報システムズ、日立ソフトウェアエンジニアリング、日立電子サービスのクラウド事業推進部門の主要メンバー約300名で構成された「クラウド事業統括本部」を2010年6月1日付で設立し、クラウドソリューションの提供と拡販をさらに加速させるというもの。

設立される「クラウド事業統括本部」は、老舎とグループ各社が一体となり、日立グループ全体としてのクラウド戦略を策定する。さらに、グループ各社および金融、公共、産業など各業種向けのクラウド事業で経験したユーザーの要求や課題、その解決ノウハウなどを共有するプロセスの中で、新しいクラウドソリューションの創生や他社クラウドとのアライアンスを策定する。これにより、より質の高いクラウドソリューションを提供し、クラウド事業の拡大を推進するという。

同社とグループ各社で構成されるクラウド運営委員会を設置し、以下の活動を通して、日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud」の新たな事業戦略策定、および日立グループ全体への事業戦略のさらなる共有を推進する。

  1. 日立とグループ各社のクラウドサービスメニューの一元管理
  2. 日立とグループ各社間でのクラウドソリューション開発計画の共有
  3. 日立とグループ各社間でのクラウドソリューション開発計画の共有
  4. 他社クラウドとのアライアンス策定
  5. クラウドソリューション同士の接続性検証結果の共有
  6. クラウドソリューション導入実績、およびユーザー環境における課題の整理と解決施策の共有

日立製作所
http://www.hitachi.co.jp/

 

関連記事

日立、クラウドソリューション「Harmonious Cloud」の事業推進体制を強化日立製作所は2010年5月27日、日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud」の事業推進体制を強化することを発表した。

PAGE TOP