[市場動向]

開発サイクルから知る近未来像 Part04

2010年6月22日(火)

集積度アップと機能拡張の開発サイクルから見える プロセサの近未来像 自社のサーバー群を技術進化の波に合わせて適宜更新していくには、「今」のみならず「近未来」にも目を向ける必要がある。Xeon/Itaniumの開発戦略からは、今後の進化の方向性が垣間見える。

継続的な処理性能向上のほか、電力効率アップや機能拡張など、さまざまな課題を突きつけられるプロセサは、今後どのように進化を続けるのか。その答えをひも解く鍵が、インテルの特徴的な製品開発サイクルにある。

2つの技術革新を交互に繰り返す

同社は、「TickTock戦略」と呼ぶ開発計画に沿ってプロセサの強化を進める(図4-1)。XeonやItaniumも実際にこのアプローチに則っている。

図4-1 TickTock戦略に基づくプロセサ開発
図4-1 TickTock戦略に基づくプロセサ開発

TickTock戦略では、(1)製造プロセスの微細化、(2)アーキテクチャの刷新─を交互に繰り返す。(1)は、回路内の配線幅を示す「製造プロセス」を狭めることで、より多くのトランジスタを実装したり、製造コストを抑えたりする。(2)は仮想化支援やプロセサ内部の通信路の刷新、キャッシュやメモリー搭載容量の拡張などを主に目指す。(1)と(2)を約1年ごとに交互に繰り返し、それぞれは約2年周期で刷新する。

「TickTock戦略のタイムフレームを念頭に技術力を集中投下することで、先進的なテクノロジーをいち早くプロセサに実装できる。メリハリある開発体制はプロセサを継続的に進化させていく上で有効にはたらく」(インテル マーケティング本部 エンタープライズ・プラットフォーム・マーケティング 統括部長 徳永貴士氏)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
関連記事

開発サイクルから知る近未来像 Part04集積度アップと機能拡張の開発サイクルから見える プロセサの近未来像 自社のサーバー群を技術進化の波に合わせて適宜更新していくには、「今」のみならず「近未来」にも目を向ける必要がある。Xeon/Itaniumの開発戦略からは、今後の進化の方向性が垣間見える。

PAGE TOP