[技術解説]

最新プロセサ搭載サーバー一覧 Part05

2010年6月22日(火)

仮想化環境での性能重視し メモリー容量の確保に各社独自の工夫盛り込む Xeon 5600/7500番台、Itanium 9300番台を搭載したサーバーが、各社から続々と登場している。プロセサ本体や周辺技術の基本仕様を補完する独自技術をつぎ込み、実用度を高める工夫を凝らす。各社の最新サーバーの動向をチェックする。

仮想化環境におけるパフォーマンスは、サーバーのメモリー搭載容量に大きく依存する。Xeon 5600番台は1プロセサあたり144GB、7600番台に至っては256GBものメモリーを接続できるが、それでも多数の仮想化環境を立ち上げた場合、メモリーが不足し、プロセサがアイドルしている状態になっているからだ。そこで、独自技術によりメモリーの搭載容量を増やす仕組みを取り入れるベンダーが相次いでいる。

日本IBMは、MAX5と呼ぶ専用のメモリー拡張ユニットを用意。独自開発のEXA5チップセットを搭載し、1台のMAX5につき32基のメモリースロット、512GBまでのメモリーを搭載できるようにする。

デルの「PowerEdge R810」、「同M910」は独自の「FlexMemory Bridge」機能が目新しい。4ソケット(マザーボード上に4つのプロセサを搭載可能)仕様のサーバーにおいてプロセサを2個しか搭載しない場合、残る2つの空きソケットにつながるメモリースロットは基本的に使えない。FlexMemory Bridgeでは空きソケットに専用回路をはめ込み、この回路がXeon 7500番台内蔵のメモリーコントローラと未使用のメモリースロットをつなぐ役目を果たす。これにより2プロセサ構成でも、空きソケットの分まで含め最大で32基のメモリースロットを利用できる。

そのほか、シスコシステムズのXeon 5600番台搭載サーバー「UCS B250 M2」、「同C250 M2」は、4基のメモリースロットを1基に見せる独自技術により、48基のメモリースロットに最大384GBのメモリーを搭載できる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

最新プロセサ搭載サーバー一覧 Part05仮想化環境での性能重視し メモリー容量の確保に各社独自の工夫盛り込む Xeon 5600/7500番台、Itanium 9300番台を搭載したサーバーが、各社から続々と登場している。プロセサ本体や周辺技術の基本仕様を補完する独自技術をつぎ込み、実用度を高める工夫を凝らす。各社の最新サーバーの動向をチェックする。

PAGE TOP