CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[CIO INSIGHT]

リーダーの意識調査から見るITとビジネスのギャップ

2010年6月2日(水)

What IT, Business Really Think of Each Other By Susan Cramm 翻訳 : 古村 浩三 ビジネス(事業)とITを融合させることの重要性は、今さら言うまでもない。そのためにビジネス(事業部門)責任者(ビジネスリーダー)とIT部門の責任者(ITリーダー)の意思疎通や協力が欠かせないことも、明らかだろう。だが欧米企業のビジネスリーダーとITリーダーを対象にした調査で、両者の意識の間にはまだまだ乖離があることが明らかになった。何がどう乖離しているのかを、対策も含めて報告する。(本誌)

ITが企業経営にとって重要な価値をもたらすことは、ビジネスとITのリーダー双方が共通して認識している。だがそのために、双方のリーダーが密接に協力しているかというと、そうとは限らない─。ITコンサルティング会社の伊バリューダンス(Valuedance)が、米経営誌ハーバードビジネスレビューの協力を得て実施した調査で、こんな実態が明らかになった。以下、調査結果を見ていこう。

ITリーダーの自己評価とビジネスリーダーの評価に乖離

調査では、まずビジネスリーダーとITリーダーが、それぞれの「ITに対する造詣の深さ(IT-smart)」を、互いにどう評価しているかを聞いた。IT-smartとは、稼働中の企業システムに関する理解はもとより、ITで可能なことの知識やITの進化の方向性に関する洞察力、ITを利用した戦略立案能力、適切なIT投資を実施して効果的な解決策を編み出す能力の総合を指す。

ビジネスリーダーに対する、ビジネスリーダー自身とITリーダーによる評価は非常に似通っている(図1)。これに対し、ITリーダーに対する評価は、ビジネスリーダーとITリーダーで大きく差が出た。

図1 ビジネス/ITリーダーのITに関する造詣の深さ(IT-smart)に関する評価
図1 ビジネス/ITリーダーのITに関する造詣の深さ(IT-smart)に関する評価

ITリーダーが自身のITへの造詣の深さを「D」(平均以下)、または「E」(悪い)と評価したのは13%。逆に「A」(最高)、「B」(良い)の合計は56%と、高い評価を下している。しかしビジネスリーダーの自社のITリーダーに対する評価は「D」と「E」の合計が27%になり、「A」、「B」の合計は38%に留まった。ITリーダーは、自分が思っているほどビジネスリーダーから高い評価を得ていないことを認識すべきだろう。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
CIO INSIGHT一覧へ
関連記事

リーダーの意識調査から見るITとビジネスのギャップWhat IT, Business Really Think of Each Other By Susan Cramm 翻訳 : 古村 浩三 ビジネス(事業)とITを融合させることの重要性は、今さら言うまでもない。そのためにビジネス(事業部門)責任者(ビジネスリーダー)とIT部門の責任者(ITリーダー)の意思疎通や協力が欠かせないことも、明らかだろう。だが欧米企業のビジネスリーダーとITリーダーを対象にした調査で、両者の意識の間にはまだまだ乖離があることが明らかになった。何がどう乖離しているのかを、対策も含めて報告する。(本誌)

PAGE TOP