アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

商談管理やアンケート管理をSaaSで提供

2010年6月4日(金)

RapidWeb+(ラピッド ウェブ プラス)/富士通 富士通は2010年5月6日、商談管理や損益管理、アンケート管理などのオフィス業務向けSaaS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)型アプリケーション「RapidWeb+」を発表した。社内の担当者が表計算ソフトで個別に運用していた業務をオンラインで実行する。複数の部門間や担当者間でリアルタイムに業務データを共有できるだけでなく、担当者間でファイルをやり取りする際に発生しがちなデータ入力ミスを防げる。

富士通があらかじめ用意した業務テンプレートを使えば約2日、業務要件のヒアリングからデータベースの設定、画面設計をした場合でも約5日でRapidWeb+の利用を始められるという。ユーザーごとにグループを設定し、グループ単位でデータの参照/更新権限を適用可能。

料金は、企業ごとにアプリケーションを作るRapidWeb+ プレミアムが月額100万円から。同ベーシックが月額29万8000円。別途初期設定費(ベーシックの場合で50万円)がかかる。プレミアムは2010年6月1日から、ベーシックは10月に提供を開始する。 (栗原)

関連記事

商談管理やアンケート管理をSaaSで提供RapidWeb+(ラピッド ウェブ プラス)/富士通 富士通は2010年5月6日、商談管理や損益管理、アンケート管理などのオフィス業務向けSaaS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)型アプリケーション「RapidWeb+」を発表した。社内の担当者が表計算ソフトで個別に運用していた業務をオンラインで実行する。複数の部門間や担当者間でリアルタイムに業務データを共有できるだけでなく、担当者間でファイルをやり取りする際に発生しがちなデータ入力ミスを防げる。

PAGE TOP