[新製品・サービス]

NTT Com、クラウド型の仮想デスクトップサービス「Bizデスクトップ」を発表

2010年6月3日(木)

エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ(NTT Com)は2010年6月2日、同社の「BizCITY」サービス基盤に基づくデスクトップ環境を顧客に提供し、BizCITYの各種サービスや顧客のICTリソースを安全に利用できるようにする、クラウド型仮想デスクトップサービス「Bizデスクトップ」を2010年6月9日より提供開始すると発表した。

BizCITYは、「いつでもどこでも、安心便利に業務ができるICT環境」の提供を掲げる同社がコンセプトとするサービス基盤。今回サービスの提供を開始する「Bizデスクトップ」には、以下のような特徴がある。

  • クラウドをどこからでも利用可能:BizCITYサービス基盤上のデスクトップ環境を、VPN・インターネット・モバイルネットワークなど各種ネットワークを経由しつつ、PCなどの端末にはデータは残さずにどこからでもセキュアに利用可能にする。
  • ICTコストの低減が可能:ID数やサーバーリソース単位の料金で、必要な分だけ追加や拡張して利用できるほか、専用端末やサーバー設備などへの投資も不要。

同サービスでは、顧客のニーズや利用シーンに合わせた以下の2つのメニューが提供される。

1. 「Bizデスクトップ ベーシック」
仮想デスクトップおよび各種ビジネスアプリケーションを、PCや携帯電話のブラウザを用いインターネット経由で利用できるサービス。ID単位の料金で、Webメール、ストレージ、オフィス統合ソフトなどのアプリケーションを提供する。価格(税込み)は、月額費用が1,260円(1IDごと)、初期費用が2万1,000円(1契約ごと)。なお、携帯電話の場合はNTTドコモの携帯電話からiアプリを用いての利用になる。

2. 「Bizデスクトップ Pro」
ネットワーク経由で利用する仮想デスクトップサービス。PCの一括管理、ウイルス・セキュリティ対策、BCP対策など、システム管理者の負担を軽減可能。また、クラウド型サービスとして短期間での導入が可能なほか、利用状況に応じて柔軟にリソースを拡張できる。Microsoft Officeやウイルスバスターコーポレートエディションもオプションで利用可能。価格(税込み)は、30ID利用の場合で、月額費用が7万8,750円から、初期費用が2万1,000円から。

同社が従来から提供している「AGILITシンクライアント」および海外展開している顧客向けの「グローバル仮想オフィスホスティング」は、今後はBizデスクトップ Proのメニュー(カスタマイズ型、グローバル型)として提供していく。

「Bizデスクトップ」サービスではさらに、各種ビジネスシーンに合わせて利用できるモバイルアクセスサービスも提供。今後も同社では、BizCITYサービス基盤上のサービスと顧客ICT環境とのシングルサインオンや、多要素認証における認証方式の追加、スマートフォンへの対応などモバイルサービスの強化、各種アプリケーションパートナーとの連携など、順次サービスを拡充していく。


「Bizデスクトップ ベーシック」
http://www.ntt.com/bdb/

「Bizデスクトップ Pro」
http://www.ntt.com/bdp/

NTTコミュニケーションズ
http://www.ntt.com/
 

関連記事

NTT Com、クラウド型の仮想デスクトップサービス「Bizデスクトップ」を発表エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ(NTT Com)は2010年6月2日、同社の「BizCITY」サービス基盤に基づくデスクトップ環境を顧客に提供し、BizCITYの各種サービスや顧客のICTリソースを安全に利用できるようにする、クラウド型仮想デスクトップサービス「Bizデスクトップ」を2010年6月9日より提供開始すると発表した。

PAGE TOP