[製品サーベイ]

OSも含めディスクの内容を丸ごと複製 万一のPC障害時に素早い復旧を図る

2010年6月9日(水)

イメージバックアップソフト 持ち歩いていたノートPCをうっかり落としてハードディスクが動かなくなるなど、時として不幸が起こり得る。データは復旧できないしPCの再設定も面倒だ。こんな時、ディスク全体を複製しておくイメージバックアップソフトが役に立つ。

「え?」。ある日突然、PCが起動しなくなり画面はブルースクリーンに。そして顔も“真っ青”になる─。

仕事に使うPCのディスクが障害を起こした時のダメージは大きい。せっかく作成したデータの数々は消え失せる。その上、PC本体(あるいはディスク)を交換して、OSや各種アプリケーションをインストールしたり、プリンタの設定をしたりするのには多大な時間がかかる。

そうした不測の事態に備え、素早く元の状態に復旧するためのソフトとして「イメージバックアップソフト」がある。単にマイドキュメントにあるデータを定期的にコピーしておくような仕組みではなく、OS、アプリケーション、データ、各種設定ファイルなどを含むディスクの「イメージ」そのものを複製しておく。トラブルが発生した際は、このイメージを書き戻すことで短時間で復旧を図るわけだ。

イメージバックアップは、いざという時にエンドユーザー自身でセルフレスキューできるほか、最近ではIT部門が社内に配布するPCのキッティング(仕事の現場ですぐに利用できる状態にPC環境を整えること)用途にも使われている。イメージバックアップの機能は、大規模システム向けの運用管理ツールの中で提供されている例もあるが、本稿では企業内個人でも導入できる市販ソフトに焦点を当てた。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
製品サーベイ一覧へ
関連記事

OSも含めディスクの内容を丸ごと複製 万一のPC障害時に素早い復旧を図るイメージバックアップソフト 持ち歩いていたノートPCをうっかり落としてハードディスクが動かなくなるなど、時として不幸が起こり得る。データは復旧できないしPCの再設定も面倒だ。こんな時、ディスク全体を複製しておくイメージバックアップソフトが役に立つ。

PAGE TOP