[新製品・サービス]

日立、確実な本人認証を実現する「指静脈認証サービス」を発表

2010年6月8日(火)

日立製作所(以下、日立)は2010年6月7日、日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud」のラインアップに、クラウドサービスで確実な本人認証を実現する「指静脈認証サービス」を追加し、同日より提供を開始すると発表した。「指静脈認証サービス」は、高いセキュリティと利便性を両立し、確実な本人認証を実現するもので、日立がクラウド環境下で生体認証サーバの運用・管理を行うサービスである。

同サービスは、キャンセラブルバイオメトリクス技術を実用化したもので、生体情報を暗号化したまま事前に登録してある生体情報と照合できる技術である。暗号化された登録済み生体情報を更新する際にも復号化することがないため、クラウド環境下でも安全な生体認証サービスの運用・管理を実現できる。企業のシステム管理者は、同サービスの導入により、生体情報の運用管理が不要になるとともに、確実な本人認証を低コストで実現できる。また利用者側は、装置に指を置くだけの簡単操作なので、パスワードやカードの忘失や盗難などの心配からも解放される。

なお、生体情報を暗号化したまま元に戻すことなく照合できるキャンセラブルバイオメトリクス技術は、今回、日立が初めて実用化したもの(12010年5月31日現在、日立調べ)。そして、今回実用化した技術の一部は、2007年度から2009年度に実施した総務省委託研究「情報の来歴管理等の高度化・容易化に関する研究開発」の成果である。また、同サービスは、経済産業省委託事業「新世代情報セキュリティ研究開発事業(生体認証サービスにおける情報漏えい対策(キャンセラブルバイオメトリクス)の研究開発)」の成果である「生体認証サービスにおけるセキュリティ対策ガイドライン」の要件を満たしている。

日立は、今後、日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud」のメニューに不正アクセス対策やウイルス対策、シングルサインオンサービスなどのセキュリティサービスを追加し、ラインアップを強化していく。また、「指静脈認証サービス」をはじめとするセキュリティサービスの適用範囲を、企業内から公共・社会インフラ分野へと拡大し、安心・安全、便利な社会の実現を目指すとしている。

「指静脈認証サービス」の価格は個別見積もり。

なお日立は、2010年7月22日~23日に東京国際フォーラムで開催する「日立uVALUEコンベンション2010」において、「指静脈認証サービス」を出展する。


指静脈認証ソリューション
http://www.hitachi.co.jp/products/it/veinid/index.html

「Harmonious Cloud」
http://www.hitachi.co.jp/products/it/harmonious/cloud/

日立製作所
http://www.hitachi.co.jp/

関連記事

日立、確実な本人認証を実現する「指静脈認証サービス」を発表日立製作所(以下、日立)は2010年6月7日、日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud」のラインアップに、クラウドサービスで確実な本人認証を実現する「指静脈認証サービス」を追加し、同日より提供を開始すると発表した。「指静脈認証サービス」は、高いセキュリティと利便性を両立し、確実な本人認証を実現するもので、日立がクラウド環境下で生体認証サーバの運用・管理を行うサービスである。

PAGE TOP