[インタビュー]

「ポート密度を高めてネットワーク階層をシンプルに」---米Brocadeの製品マネージャ

2010年6月9日(水)

 米Brocade Communications Systemsの日本法人は2010年6月9日、シャーシ型スイッチ製品のポート密度を高めるライン・カード新製品を国内発表し、Interop Tokyo 2010で展示した。来日していたL2/L3スイッチのシニア製品マネージャに、ポートの高密度化の意義など、ハイエンド・スイッチの市場動向を聞いた。

 米Brocade Communications Systemsは、SANスイッチに加えて、イーサネットのL2/L3スイッチ製品(旧Foundry Networks製品群)をラインアップする、統合ネットワーク機器ベンダーである。

 同社の日本法人は2010年6月9日、シャーシ型スイッチ製品のポート密度を高めるライン・カード新製品を国内発表し、Interop Tokyo 2010で展示した。

 L2/L3スイッチ「NetIron MLX」(最大32スロット)向けの10GbE×8ポート製品と、SANスイッチ「Brocade DCX」(8スロット)向けのFC×64ポート製品である。

 新製品のライン・カードを適用することで、スイッチ1台あたりの容量は、NetIron MLXで従来の2倍、Brocade DCXは従来比で33%増となる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

「ポート密度を高めてネットワーク階層をシンプルに」---米Brocadeの製品マネージャ 米Brocade Communications Systemsの日本法人は2010年6月9日、シャーシ型スイッチ製品のポート密度を高めるライン・カード新製品を国内発表し、Interop Tokyo 2010で展示した。来日していたL2/L3スイッチのシニア製品マネージャに、ポートの高密度化の意義など、ハイエンド・スイッチの市場動向を聞いた。

PAGE TOP