[新製品・サービス]

富士通とFsol、いなげやと菱食の間に「店舗在庫最適化支援システム」を構築

2010年6月11日(金)

富士通と富士通システムソリューションズ(以下、Fsol)は2010年6月10日、小売業大手のいなげやと食品卸業界大手の菱食における店舗在庫最適化(Vendor Managed Inventory、以下VMI)支援システムを富士通のデータセンターで運用している菱食の基幹システムの一部として新たに開発し、稼働を開始したと発表した。VMI支援システムは、卸による小売の在庫管理を行うシステムで、小売が在庫情報を卸と共有し、一定の在庫量になるよう卸が自動的に在庫を補給する仕組みである。

【菱食】
菱食は、長年食品卸の流通を手がける中で、生活者のライフスタイルの創造を得意先に提案し、消費者目線の売り場づくりなど、生活者の嗜好に合わせた豊かな食生活の実現に取り組んでいる。

【いなげや「ina21」】
首都圏を中心に100店舗以上を展開する小売業大手いなげやは、取扱いラインナップを定番商品に絞り、小規模な店舗とスリムな体制でEDLP(EveryDay Low Price)を実現する新しい業態の店舗「ina21」の本格展開を進めている。
「ina21」では、限られた店舗スペースと人数で、タイムリーかつ高精度な在庫管理を行う必要があるため、これまでのPOSの売上データを元に経験則で在庫発注を行う食品流通業界の属人的な発注業務を見直すことが必要となっていた。

【VMI支援システムを共同構築】
いなげやと菱食は、アパレルや自動車業界、また米国小売最大手ウォールマートなどで在庫圧縮などの効果を生んでいるVMI支援システムを富士通およびFsolと共同で構築し、「ina21」の市販用冷凍食品およびアイスクリーム部門を対象に、練馬東大泉店・杉並桜上水店・練馬中村南店の三店舗で運用を開始した。新システムは、菱食がいなげやのPOSの売上情報と在庫情報から補充すべき数量を算出し、発注すべき商品および数量を菱食の基幹システムに自動送信するもので、富士通のデータセンターで運用している菱食の基幹システムの一部として開発され、運用されている。

VMI支援システムのメリットは次のとおり。

  • 季節変動などの需要の変化にあわせて、店舗側で補充数の変更なども可能である。これにより、いなげやは、店舗在庫の適正化を実現し、ビジネスチャンスを逃さないタイムリーな商品提供(チャンスロスの減少)、在庫管理・発注業務効率の向上、在庫管理スペースの削減が可能になる。
  • 菱食は、いなげやのPOSの売上や在庫情報、また補充すべき商品と数量をリアルタイムに参照できるため、想定外の短期需要への対応に伴う物流コストなどを削減できる。
  • 菱食は、これらの高精度な情報をもとに販売分析を行い、いなげやに販売提案を行うことが可能になる。

今後いなげやは、菱食とともに、現在16店舗の「ina21」に順次、VMI支援システムを導入していく予定であり、富士通グループは、VMIシステムを通じて両社のビジネスに貢献するとしている。


富士通
http://jp.fujitsu.com/

関連記事

富士通とFsol、いなげやと菱食の間に「店舗在庫最適化支援システム」を構築富士通と富士通システムソリューションズ(以下、Fsol)は2010年6月10日、小売業大手のいなげやと食品卸業界大手の菱食における店舗在庫最適化(Vendor Managed Inventory、以下VMI)支援システムを富士通のデータセンターで運用している菱食の基幹システムの一部として新たに開発し、稼働を開始したと発表した。VMI支援システムは、卸による小売の在庫管理を行うシステムで、小売が在庫情報を卸と共有し、一定の在庫量になるよう卸が自動的に在庫を補給する仕組みである。

PAGE TOP