[新製品・サービス]

ベリサイン、1枚で複数のコモンネームに対応したSSLサーバー証明書を提供開始

2010年6月18日(金)

日本ベリサイン(以下、ベリサイン)は2010年6月17日、エンタープライズ向けの「ベリサイン マネージドPKI for SSL」サービスにおいて、「Subject Alternative Names」(SANs)のサポートを7月15日より開始すると発表した。

SANsとは、「サブジェクトの別名」として表され、1枚のSSLサーバー証明書で複数のコモンネーム(FQDN名)をサポートするもの。サーバーIDの申請・取得時に認証局へ提出する署名リクエスト(Certificate Signing Request、以下CSR)を生成する際、SSLサーバー証明書のサブジェクトフィールドで指定したコモンネームとは別に、SANs(サブジェクトの別名)フィールドに異なるコモンネームを設定できる。

クライアントのブラウザからは、サブジェクトフィールド、SANsフィールドのどちらのコモンネームに対してもアクセス可能となる。

SANsを利用することにより、顧客は以下のようなメリットを受けられるとのこと。

  1.  コモンネームごとに複数回行ってきたCSR生成、申請、インストール作業が1回で済む。
  2.  1枚のSSLサーバー証明書しかインストールできない仕様のサーバーでも、複数のコモンネームでのアクセスが可能になる(Microsoft Communications Server 2007 R2やMicrosoft Exchange Serverなどで複数のコモンネームを利用する場合には、SANsを利用する必要がある)。

SANsの対象となるシステムは、ベリサイン マネージドPKI for SSLで取り扱うベリサインのサーバーSSL証明書各種になる。申請および設定は7月15日より操作可能。


日本ベリサイン
https://www.verisign.co.jp
 

関連記事

ベリサイン、1枚で複数のコモンネームに対応したSSLサーバー証明書を提供開始日本ベリサイン(以下、ベリサイン)は2010年6月17日、エンタープライズ向けの「ベリサイン マネージドPKI for SSL」サービスにおいて、「Subject Alternative Names」(SANs)のサポートを7月15日より開始すると発表した。

PAGE TOP