開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

マイクロフォーカス、Visual Studio 2010対応の「Micro Focus Visual COBOL」をリリース

2010年6月23日(水)

マイクロフォーカスは2010年6月22日、Visual Studio 2010対応のCOBOL新製品「Micro Focus Visual COBOL」日本語版を2010年10月1日より提供開始することを発表した。

「Micro Focus Visual COBOL」は、Windows版COBOLの新製品で、Visual Studio 2010にCOBOL開発環境が統合できる。また、.NET Framework 4に対応しており、マイクロソフトの最新プラットフォーム上での、既存エンタープライズアプリケーションの利用を可能にする。同製品により、ビジネスを遂行するためにCOBOLベースのアプリケーションを活用し続けている数多くの企業が、低リスクで、アプリケーションのリライトの必要もなくVisual Studio 2010を利用する機会を持てる。

同製品の特長と概要は以下のとおり。

  • Visual Studio 2010との統合
  • .NET Framework 4に対応
  • .NET環境に最適化されたCOBOLシンタックスにより迅速な開発が可能
  • WPFを利用した新しいユーザーインターフェイス
  • WCFによるシンプルなWeb-forms、Winforms、WebサービスとSOAの実装
  • 稼動環境:Windows 7、Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows XP
  • 販売価格: 未定(決定次第発表される)

マイクロフォーカス
http://www.microfocus.co.jp/
 

関連記事

マイクロフォーカス、Visual Studio 2010対応の「Micro Focus Visual COBOL」をリリースマイクロフォーカスは2010年6月22日、Visual Studio 2010対応のCOBOL新製品「Micro Focus Visual COBOL」日本語版を2010年10月1日より提供開始することを発表した。

PAGE TOP