[技術解説]

IaaS基盤の“中身”に迫る Part02

2010年7月6日(火)

運用自動化でスケールメリットを享受し 低コストでサービスレベルの向上を実現 ユーザー企業に対しITコストの低減と柔軟性をもたらす─。これを可能にするべく、IaaS事業者は、どんなシステムアーキテクチャや設備、あるいは運用体制を用意しているのか。それを知ることはIaaSを効果的に利用するための第一歩になる。本パートでは、IIJがクラウドサービスを提供するために構築したインフラを例に、IaaSにおける運用自動化や、システム性能とセキュリティを担保する仕組みを解説する。

信頼性と拡張性、パフォーマンス、セキュリティなどの要件を満たしつつ、いかに廉価にITサービスを提供するか。企業ITの諸要件とコストは常に難しいトレードオフの関係にある。その難題を解く鍵として、昨今はクラウドという“単語”が引き合いに出される機会が増えている。

背景には、仮想化技術やWebベースのアプリケーションなどIaaSのようなITサービスが普及するための土壌の整備が急速に進んだことがある。これらの技術は自社でシステム構築を進める場合にも活用できるが、多様な技術を使いこなすIT技術者が不足していたり、規模的に投資対効果が見いだせない場合には躊躇することも多い。

以下、当社のクラウドサービス「IIJ GIO(ジオ)」を例に、システムの諸要件を満たしながら低コストでサービスを提供するためのIaaS基盤について「(1)運用およびコスト」「(2)性能」「(3)セキュリティ」の3つの視点で解説する。CIOやIT部門のマネジャーがIaaSの導入検討をする際の参考になれば幸いと思う。

運用の自動化を徹底追及しコスト削減の目標を達成

規模の経済効果を追求することはIaaSを商用サービスとして提供する際の前提条件となる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

IaaS基盤の“中身”に迫る Part02運用自動化でスケールメリットを享受し 低コストでサービスレベルの向上を実現 ユーザー企業に対しITコストの低減と柔軟性をもたらす─。これを可能にするべく、IaaS事業者は、どんなシステムアーキテクチャや設備、あるいは運用体制を用意しているのか。それを知ることはIaaSを効果的に利用するための第一歩になる。本パートでは、IIJがクラウドサービスを提供するために構築したインフラを例に、IaaSにおける運用自動化や、システム性能とセキュリティを担保する仕組みを解説する。

PAGE TOP