[イベントレポート]

【SAPPHIRE NOW(SAP)】オンデマンドに本格参戦 DB老舗買収でモバイルでも主導権を

2010年7月5日(月)

2010年の「SAP SAPPHIRE NOW」は、独フランクフルトと米オーランドでの同時開催という異例のスタイルだった。直前の5月14日に「SAP、サイベースを買収」というニュースが駆け巡ったこともあって同イベントへの注目度は高く、2会場合わせて1万5000人以上が来場している。 2010年5月17〜19日/独フランクフルト

フランクフルト・メッセ ドイツ会場となったフランクフルト・メッセ

3日にわたるイベントの中心となったのは、SAPを率いるリーダーたちによる基調講演だ。現地フランクフルトでは、ジム・スナーベ共同CEOとビシャル・シッカCTOが講演した。一方、オーランド会場ではもう1人の共同CEOであるビル・マクダーモット氏、監査役会の議長を務めるハッソ・プラットナー氏が登壇。フランクフルトの来場者はスクリーン越しに拍手を送った。4人のリーダーが講演中に発信し続けたのは「オンプレミス、オンデマンド、オンデバイス」というメッセージである。以下では、各講演から浮かび上がったSAPの新戦略を見ていこう。

2人の共同CEO
2人の共同CEOは、米独に分かれて登場。写真上のスクリーン中はビル・マクダーモット氏、右下はジム・スナーベ氏

オンプレミス戦略
真のリアルタイム分析を可能に

まずは、企業がシステムを自社運営する「所有型」、つまりオンプレミス領域への取り組みである。ERPはもとより、データ分析やCRMシステムといったオンプレミスのアプリケーションは、SAPが最も得意とするところ。今回はこれを、独自のインメモリー技術で強化していくことを強調した。

インメモリーDBについては、技術トップであるシッカCTOが詳しく述べた。同社のインメモリーDBとは、一言で言えばデータのカラムを10分の1に圧縮してメモリー上に展開する技術のこと。ハードディスクへのアクセスが発生しないため、従来のRDBに比べてデータ処理のスピードが圧倒的に速まる。インメモリーDBを利用すれば、「例えばリアルタイムのトランザクションデータに基づく需要予測やシミュレーションといったアプリケーションをデスクトップ上で実行できる」(シッカCTO)。

同技術を実装した製品としては、2010年2月に分析ツールの「BusinessObjects Explorer, accelerated edition」を出荷済み。これに加えて、2010年内に「High-Performance Analytic Appliance」と呼ぶ分析アプライアンスをリリースするという。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

【SAPPHIRE NOW(SAP)】オンデマンドに本格参戦 DB老舗買収でモバイルでも主導権を2010年の「SAP SAPPHIRE NOW」は、独フランクフルトと米オーランドでの同時開催という異例のスタイルだった。直前の5月14日に「SAP、サイベースを買収」というニュースが駆け巡ったこともあって同イベントへの注目度は高く、2会場合わせて1万5000人以上が来場している。 2010年5月17〜19日/独フランクフルト

PAGE TOP