[新製品・サービス]

ディーバ、クラウド環境での連結決算システム運用代行サービス「DivaSystem Managed Service」を提供開始

2010年7月1日(木)

ディーバは2010年6月30日、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)の提供するクラウドサービス「TechnoCUVIC」と日本ベリサインの提供する「SSLサーバ証明書」および「ベリサイン マネージドPKI」を採用した連結決算業務のシステム運用代行サービス「DivaSystem Managed Service」の提供を、2010年7月1日より開始することを発表した。

「DivaSystem Managed Service」はディーバが提供する連結会計システムDivaSystemにおけるサーバ管理をはじめ、稼働状況報告や定常メンテナンス、システム監査向けの内部統制対応などのシステム運用を支援し、連結決算業務におけるシステム環境の効率化・最適化を実現するサービス。

CTCが提供する金融機関でも運用実績のある堅牢な仮想化ITインフラTechnoCUVICと、ベリサインが提供するSSLサーバ証明書によるクライアントとデータセンター間通信の暗号化、およびDivaSystem利用者に対して発行するクライアント証明書での高度な認証方式により不正アクセスの防止を実現し、機密性の高い財務情報に関わる業務をクラウド下で安心して行える環境を、低価格で提供することができるようになった。

同サービスによるシステム運用代行から業務面や制度対応のサポートまで、財務情報を作成するための包括的な支援をディーバ社よりワンストップで受けることができ、企業の連結決算業務担当者がよりコア業務に注力することが可能となる。

同サービスの価格は年間144万円より。ディーバは、初年度20社への導入を目標とする。


ディーバ
http://www.diva.co.jp/

 

関連記事

ディーバ、クラウド環境での連結決算システム運用代行サービス「DivaSystem Managed Service」を提供開始ディーバは2010年6月30日、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)の提供するクラウドサービス「TechnoCUVIC」と日本ベリサインの提供する「SSLサーバ証明書」および「ベリサイン マネージドPKI」を採用した連結決算業務のシステム運用代行サービス「DivaSystem Managed Service」の提供を、2010年7月1日より開始することを発表した。

PAGE TOP