バックアップ/アーカイブ バックアップ/アーカイブ記事一覧へ

[新製品・サービス]

データ同士を紐づけたままアーカイブ

2010年7月5日(月)

IBM Optim Data Growth Solution for Oracle E-Business Suite V6.2 など/日本IBM 日本IBMは2010年6月9日、データアーカイブソフト「IBM Optim Data Growth Solution for Oracle E-Business Suite V6.2」、「同 for PeopleSoft Enterprise V6.2」を発表した。ERPパッケージが利用するデータを対象にアーカイブする。これまでSAP ERPの対応製品しかなかったが、今回オラクルの「Oracle E-Business Suite」と「PeopleSoft Enterprise」対応製品を追加した。

データ同士の関連性を保持した状態でアーカイブできる点が特徴だ。生産や販売、会計などのさまざななデータを、顧客情報や注文履歴などと紐づけて保存する。これによりアーカイブしたデータを参照する際、データ同士の関係が失われていないため、すぐにデータ活用が可能になる。

通常業務で使用しない古いデータをアーカイブすることで、データベース内のデータ量を削減し、パフォーマンスを改善する効果も見込める。

価格(税別)は342万円から(2コア搭載のIBM POWER 550上で稼働するE-Business SuiteおよびPeopleSoft のデータベースが対象の場合)。 (折川)

関連記事

データ同士を紐づけたままアーカイブIBM Optim Data Growth Solution for Oracle E-Business Suite V6.2 など/日本IBM 日本IBMは2010年6月9日、データアーカイブソフト「IBM Optim Data Growth Solution for Oracle E-Business Suite V6.2」、「同 for PeopleSoft Enterprise V6.2」を発表した。ERPパッケージが利用するデータを対象にアーカイブする。これまでSAP ERPの対応製品しかなかったが、今回オラクルの「Oracle E-Business Suite」と「PeopleSoft Enterprise」対応製品を追加した。

PAGE TOP