[新製品・サービス]

社外に持ち出したPCのWeb閲覧を制限

2010年7月28日(水)

Trend Micro InterScan WebManager SCC/トレンドマイクロ トレンドマイクロは2010年5月17日、URLフィルタリングサービス「Trend Micro InterScan WebManager SCC」を発表した。社員のWeb閲覧を制限し、フィッシング詐欺サイトへのアクセスや、掲示板への業務内容の書き込みなどを防止する。

社内PCのほか、社外で利用するノートPCなどからのWebアクセスも制御する。クラウド上にある同社のデータベースを活用し、Webへのアクセスを許可するかどうかをフィルタリングする。出張先からPCを利用するケースの多い営業員などの、Web閲覧を監視する際に有効である。なお、PCにはエージェント(プログラム)をインストールして利用する。

ポリシーは企業全体として設定できるほか、部門単位でも設定可能。閲覧だけ許可し、掲示板などへの書き込みを禁止するといった設定もできる。また、管理者は部門ごとの閲覧履歴をチェックし、アクセスの多いWebサイトが適切かどうかを調べ、今後のセキュリティ対策に役立てられる。

価格(税別)は1人あたり3400円(100〜249アカウント時)。 (折川)

関連記事

社外に持ち出したPCのWeb閲覧を制限Trend Micro InterScan WebManager SCC/トレンドマイクロ トレンドマイクロは2010年5月17日、URLフィルタリングサービス「Trend Micro InterScan WebManager SCC」を発表した。社員のWeb閲覧を制限し、フィッシング詐欺サイトへのアクセスや、掲示板への業務内容の書き込みなどを防止する。

PAGE TOP