[GDO、社内システム 刷新への道]

同時進行ドキュメント!GDO、社内システム刷新への道 Part2—電光石火のRFP

2010年7月8日(木)

会計システムと、オンライン販売やゴルフ場予約といった業務システムの刷新を並行して進めるゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)。今回は、同社が先行してスタートさせた会計システム調達フェーズに焦点を当てる。ERPを用いて会計システムを再構築する「MSプロジェクト」である。

ベンダー選定前に要件を決定

業務システムと会計システムが連携しないため、人手による入力作業が介在すること。そのため、システム上のデータ精度が低いこと。そうした問題を解消しようと、GDOがMSプロジェクトを立ち上げたのは、2009年6月のことだった。

基本構想の立案を経て2009年10月、プロジェクトメンバーは業務フローの現状(As Is)を洗い出し、あるべき姿(To Be)を設定する「業務設計」に着手した。現場の担当者へのヒアリングを繰り返し、社内業務を徹底調査。業務をTo Beにもっていくための課題をあぶり出す作業である。

GDO社内で会計処理が発生するのは主に、ゴルフ用品のオンライン販売、ゴルフ場予約、広告という3つの事業。As IsやTo Be調査はこれらすべてを対象にするだけに、「作業の複雑さや分量は並大抵ではなかった」(志賀智之IT戦略室長)。GDOはアビームコンサルティングの支援を得ながら、3事業の業務設計を1カ月足らずでやり遂げた。それだけではない。新システムの方針と要件まで一気に策定し、RFPに落とし込んだ。

RFPに記載した要件の数は、「4桁以上の勘定コードに対応できる」「ワンタイム得意先(編集部注:1回限り、あるいはまれにしか取り引きしない得意先)を登録できる」など約300に上った。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
GDO、社内システム 刷新への道一覧へ
関連記事

同時進行ドキュメント!GDO、社内システム刷新への道 Part2—電光石火のRFP会計システムと、オンライン販売やゴルフ場予約といった業務システムの刷新を並行して進めるゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)。今回は、同社が先行してスタートさせた会計システム調達フェーズに焦点を当てる。ERPを用いて会計システムを再構築する「MSプロジェクト」である。

PAGE TOP