コラボレーション コラボレーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

フルスピード、ソーシャルグループウェアと連携しクラウド型グループウェアを販売

2010年7月9日(金)

Web戦略支援や法人向けEC事業を展開するフルスピードは、ソーシャルグループウェアと連携し、クラウド型のグループウェア「iQube」(アイキューブ)の販売を2010年7月8日から開始した。

同社では、企業を対象とした有料会員制サービスである「フルスピードクラブ」を中核に、各種法人向けサービスを展開しており、随時サービスの拡充を図っている。今回、そうしたサービス拡充の一環として「iQube」の販売を開始するとのこと。

iQubeは、初期費用や管理費が不要、月額費用のみで利用できるSaaS形式クラウド型のグループウェアで、スケジュール共有、ファイル共有、社内wiki、モバイル対応の機能が含まれる。クラウドサービスのため、即日導入も可能。

価格(すべて税込み)は以下のとおり。ただし、5ユーザーごとの販売となる。

・年間契約の場合

  • スタンダートプラン:月額525円/1ユーザー
  • セキュリティプラン:月額735円/1ユーザー

・月間契約の場合

  • スタンダートプラン:月額735円/1ユーザー
  • セキュリティプラン:月額945円/1ユーザー

同サービスの特徴として、洗練されたデザインと、使いやすい操作性が挙げられている。スケジュールや文書の管理を通じて社内の情報共有と業務効率化が図れ、代理店など外部の会社やユーザー、他社が提供するWebサービスやクラウド製品との連携も可能になっている。

ビジネスパートナーや投資家などのステークホルダー、販売代理店や開発委託会社など、外部の会社との情報共有が可能なほか、外部と社内を区別して管理し、業務に関係のない情報へのアクセスを制限することもできる。

なお、フルスピードクラブ会員企業であれば、iQubeスタンダードプランの10ユーザーが無料になるサービスを利用でき、追加のライセンス費用でも割引価格の適用を受けられる。


ソーシャルグループウェア
http://www.s-gw.co.jp/

フルスピード
http://www.fullspeed.co.jp/

 

関連記事

フルスピード、ソーシャルグループウェアと連携しクラウド型グループウェアを販売Web戦略支援や法人向けEC事業を展開するフルスピードは、ソーシャルグループウェアと連携し、クラウド型のグループウェア「iQube」(アイキューブ)の販売を2010年7月8日から開始した。

PAGE TOP