アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

キヤノンITS、「WebCommerce 流通小売業向けパック」発売とキャンペーン開始を発表

2010年7月14日(水)

キヤノンITソリューションズ(以下、キヤノンITS)は2010年7月13日、Web型BMSガイドラインに対応したEDIシステム「WebCommerce(ウェブコマース)流通小売業向けパック」の発売を開始すると発表した。同製品は、Web-EDIシステム構築フレームワーク「WebCommerce」に、流通BMS対応の機能と小売業の標準EDI業務対応機能をパッケージ化したものである。同パッケージの導入により、小売業は短期間・低コストで業界標準に則したEDIシステムを構築でき、取引先企業においては、インターネットブラウザが利用できる環境さえあれば、特別なシステム投資を行うことなく、すぐにEDIを行うことができる。

「Web型BMSガイドライン」は、2008年度「経済産業省 流通システム標準化事業」のスーパー業界ワーキンググループにおいて取りまとめられたもので、中小流通業を中心に利用が広がっているWeb-EDIを、流通BMSに合わせ標準化したものである。流通BMSは、流通業界の標準EDIとして2007年4月に仕様が公開され、中堅規模以上の企業を中心に普及の段階にあるが、新たなシステムへの投資が困難な中小企業においての普及に課題があった。Web-EDIシステムを利用する取引先企業は、インターネットブラウザがあれば、特別なシステムを必要とせずにEDI取引をスタートできるため、システムへの投資が困難な中小企業層でも比較的簡易に導入できる仕組みで、流通BMS導入への障壁を下げ、普及が加速されることが予測されている。

「JX手順」は国際規格であるSOAP-RPCをベースとし、国内利用を目的として開発されたシンプルな通信プロトコルで、従来のJCA手順と同様、クライアント側からの起動により伝送を行う、Pull型の通信方式である。通信回線にはインターネットを利用するため、設備コストや回線の利用コストを抑えることができる。

「WebCommerce流通小売業向けパック」の特徴は次のとおり。

  • Web型BMSガイドライン1.0に準拠。
  • 流通小売業における標準的なWeb発注業務をテンプレートで提供。構築期間とコストの削減が可能。
  • JX手順のサーバー機能を標準搭載。Web-EDIと流通BMSの統合環境をパッケージで実現する。
  • さまざまな基幹システム、本部システムとの連携が可能。

なお、キヤノンITSは、2010年7月から2010年12月末までの期間限定で、「WebCommerce流通小売業向けパック」をキャンペーン価格で提供する。キャンペーン価格(税別)は次のとおり。

「通常1ライセンス分パッケージ」980万円のところ、特別価格698万円。

同社は、流通BMSの採用を開始している全国の小売業を中心に、2011年12月までに20社への導入を目指すとしている。また、リンネット社のVANサービスにおいて、同パッケージの採用が決まっており、2010年秋口には小売業向けに「Web型BMS」対応のEDIサービスが提供される予定である。


「WebCommerce流通小売業向けパック」
http://www.canon-its.co.jp/edi/webc_pack.html

リンネット
http://www.rinnet.co.jp

キヤノンITソリューションズ
http://www.canon-its.co.jp/

関連記事

キヤノンITS、「WebCommerce 流通小売業向けパック」発売とキャンペーン開始を発表キヤノンITソリューションズ(以下、キヤノンITS)は2010年7月13日、Web型BMSガイドラインに対応したEDIシステム「WebCommerce(ウェブコマース)流通小売業向けパック」の発売を開始すると発表した。同製品は、Web-EDIシステム構築フレームワーク「WebCommerce」に、流通BMS対応の機能と小売業の標準EDI業務対応機能をパッケージ化したものである。同パッケージの導入により、小売業は短期間・低コストで業界標準に則したEDIシステムを構築でき、取引先企業においては、インターネットブラウザが利用できる環境さえあれば、特別なシステム投資を行うことなく、すぐにEDIを行うことができる。

PAGE TOP