[中国電脳事情]

【中国電脳事情】中国、2010年のIT支出は2167億米ドル規模に(vol.07)

2010年7月22日(木)

─賽迪網、5/10 ガートナーは中国国内の消費者と企業のITへの支出額について、2010年は2167億米ドルを超えるとの予測を打ち出した。これは2009年の支出額2050億米ドルより5.9%の増加となる。

2010年の予測支出額の内訳は、通信分野1582億米ドル、コンピュータ(ハード)430億米ドル、ITサービス94億米ドル、ソフトウェア62億米ドル。ITサービス/ソフトウェア分野の占める割合はまだ小さなものであるが、同社の予測では、今後3年間の成長率はハードウェアや通信分野を超えるとしている。

中国のIT経済は主に大型の垂直市場(バーティカルマーケット)によって推進されてきた。現在は、ゆっくりではあるが消費者型市場への転換が進められている。また、現在の中国企業にとってSaaS、仮想化、クラウド、ユニファイドコミュニケーション、グリーンITなどの新興技術の需要は比較的少ないものの、ニーズは着実に増加すると見られる。これらの技術は2013年以降のIT産業成長には欠かせない分野と見込まれ、各ITメーカーはさらなる提携を進めて、もたらす利点を明確化させるべきであると同報道は伝えている。

2009年度の中国ソフトウェア海賊版率は12%?

─賽迪網/中国知識産権局、5/11

5月10日、今年で5年目となる「2009年度中国ソフトウェア海賊版率調査報告」の発表会が北京で開催され、以下の統計を公表した。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
中国電脳事情一覧へ
関連記事

【中国電脳事情】中国、2010年のIT支出は2167億米ドル規模に(vol.07)─賽迪網、5/10 ガートナーは中国国内の消費者と企業のITへの支出額について、2010年は2167億米ドルを超えるとの予測を打ち出した。これは2009年の支出額2050億米ドルより5.9%の増加となる。

PAGE TOP