コラボレーション コラボレーション記事一覧へ

[ザ・プロジェクト]

パッケージ機能の把握に苦心 9カ月でナレッジ共有システムを構築【新日本空調】

2010年7月22日(木)

工場や商業施設などの空調設備を手がける新日本空調は工事現場担当者同士のコミュニケーションを活性化するシステムを立ち上げた。技術情報やノウハウを共有し、現場力向上を図るのが狙いだ。9カ月にわたるプロジェクトの実際を聞いた。 聞き手は本誌副編集長・川上 潤司 Photo:陶山 勉

山田辰朗氏
山田 辰朗 氏
新日本空調 経営企画本部 企画部 部長
1986年4月、新日本空調に入社。大阪支店で技術部や工務部を経験し2008年4月から現職。今回のプロジェクトではPMを担い、企業活動の様々な側面(現場)で発生している異常や問題が、隠されたり歪められたりせずに「見える」ことが強い企業を作る絶対条件であるという経営思想に則り、「見える化」を単なるツールとしてではなく、企業活動を支えるインフラ的な「システム」とするべく、基本方針の策定からシステムの実現までを取りまとめた


佐藤 秀幸 氏
佐藤 秀幸 氏
新日本空調 技術本部 技術企画部 部長
1982年4月、新日本空調に入社。ビルや工場の空調設備の設計・施工の他、特許管理、社内研修等に携わる。2002年10月には経営企画本部に所属し、会社の新基幹システム構築マネジャとして従事。2005年4月に技術本部に配属し現職に至る。今回のプロジェクトでは、「現場の問題解決力の向上」に向けて、技術情報や現場が抱える問題とその解決プロセスの「見える化」を実現できる運用を含めた仕組み作りを担当し、現在活用促進中


島澤 一夫 氏
島澤 一夫 氏
新日本空調 経営企画本部 企画部情報システム課 課長
1983年9月、新日本空調に入社。情報システム部門で基幹システムの構築運用に携わる。2004年に基幹システムを外部委託によるERPに刷新し、以降はネットワークインフラの整備、情報系システムの構築やセキュリティ関連等、情報システム全般の企画構築を行う。今回のプロジェクトでは、「見える化」の基盤となるインフラを担当。現在は「営業の見える化」の支援に取り組む


末永 賢 氏
末永 賢 氏
新日本空調 技術本部 技術企画部
1997年4月、新日本空調に入社。海外事業部にてシンガポールなど工場やビルの空調設備の設計・工事に携わり、2009年4月から技術本部に配属。今回のプロジェクトでは、会社が掲げる「三つの見える化」のコンセプトをシステムとして具現化する実行部隊を担当。施工要領書や管理書類など社内に保管された文書の電子化やデータベースへの登録も手がけた。本稼働後もシステムの活用促進を支援中


この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

パッケージ機能の把握に苦心 9カ月でナレッジ共有システムを構築【新日本空調】工場や商業施設などの空調設備を手がける新日本空調は工事現場担当者同士のコミュニケーションを活性化するシステムを立ち上げた。技術情報やノウハウを共有し、現場力向上を図るのが狙いだ。9カ月にわたるプロジェクトの実際を聞いた。 聞き手は本誌副編集長・川上 潤司 Photo:陶山 勉

PAGE TOP