[新製品・サービス]

三菱電機が4つのクラウド関連新サービスを発表、グループ挙げてサービス拡充

2010年7月22日(木)

三菱電機は2010年7月21日、同社グループのクラウド関連サービスのブランドを統合し、「DIAXaaS」にすると発表。同時にグループ各社が提供するクラウド関連の新サービス4種を発表した。

発表したのは、ユーザー企業の社内システムのクラウド化支援サービス2種と、三菱電機グループのデータセンターから提供するサービス2種の、計4種の新サービス。前者は、ユーザー企業の内部向けSaaSを構築する「BizFLEX」(提供:三菱電機インフォメーションシステムズ)、社外のSaaSや社内システムとの連携基盤や統合ログ管理システムを構築する「Fine Platform Solutions」(提供:三菱電機インフォメーションテクノロジー)の2つ。後者はサーバーリソースなどのシステムインフラをサービスとして提供するIaaS「Value Platform on Demand」(提供:三菱電機情報ネットワーク)、紹介状などの医療電子文書の電子署名をSaaSとして提供する「@Sign on Demand」(提供:ジャパンネット)の2つだ。

三菱電機は、グループ各社のクラウドサービス全体に適用する技術の方向性などのグランドデザインを設計し、プロモーションを一括して担う。今後は製造業など特定分野向けSaaSを中心にサービスラインナップを強化する。特定分野では他ベンダーとの協業も推進。たとえば医療分野では、電子カルテ分野で先行する富士通などとの協業を図る。

IaaSやSaaSといったクラウドサービスは、都内に3カ所、大阪と名古屋にそれぞれ1カ所の計5カ所のデータセンターで運用する。郊外や海外へのデータセンター建設については、現在は検討していない。「特に大多数を占める都内のユーザー企業の場合、『システムが稼働しているデータセンターはすぐそばにあってほしい』と考える場合が多い」(三菱電機の黒田 健兒常務執行役)ことに応えたものだ。

システム構築サービスである「BizFLEX」と「Fine Platform Solutions」は同日から提供開始し、料金は双方とも個別見積もり。IaaSの「Value Platform on Demand」は2010年9月に提供開始し、料金は月額3万1500円から。SaaSの「@Sign on Demand」は2010年度下期に提供開始し、料金は月額1万円程度とする予定。2015年度にDIAXaaS全体で500億円の売り上げを目標に据える。

関連記事

三菱電機が4つのクラウド関連新サービスを発表、グループ挙げてサービス拡充三菱電機は2010年7月21日、同社グループのクラウド関連サービスのブランドを統合し、「DIAXaaS」にすると発表。同時にグループ各社が提供するクラウド関連の新サービス4種を発表した。

PAGE TOP