コラボレーション コラボレーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

アイ・ティ・フロンティア、文書管理サービス「OluOlu CABINET」の価格を改定

2010年7月27日(火)

アイ・ティ・フロンティアは2010年7月26日、同社が提供するSaaS型文書管理サービス「OluOlu CABINET」(オルオル キャビネット)の価格を改定し、初期契約費用を1契約あたり30万円から5万円に、月額のディスク利用料を1GBあたり3,000円から900円に更新した。また、同サービスのバージョンアップを行って機能を強化したことを発表した。

OluOlu CABINETは、企業が保有する電子文書など大量のコンテンツを、関連会社や協力会社などの外部企業も含めた企業間で、安全に共有・管理・コラボレーションすることを支援するSaaS型文書管理サービス。

今回の価格改定では、初期契約金とディスク利用料を見直したほか、従来ID課金にのみ適用していたボリュームディスカウントをディスク利用料にも適用し、100GBを超えた分のディスク利用料を1GBあたり月額400円に低減した。「OluOlu CABINET」標準サービスの旧価格と改定後の新価格は以下のとおり(価格はすべて税別)。

・初期契約費用

  • 1契約につき 30万円→ 5万円(初回契約時のみ)

・月額サービス費用

  • 5IDパック(5 ~ 45 ID):月額基本使用料 6万円 → 4万9,500円、追加ID料 3,000円(基本使用料には5IDと5GBの利用料が含まれる)
  • 50IDパック(50 ~ 95 ID):月額基本使用料 19万5,000 → 18万4,500円、追加ID料 2,400円(基本使用料には50IDと5GBの利用料が含まれる)
  • 100IDパック(100 ~ 295 ID):月額基本使用料 31万5,000円 → 30万4,500円、追加ID料 2,000円(基本使用料には100IDと5GBの利用料が含まれる)
  • 300IDパック(300 ~ 500 ID):月額基本使用料 71万5,000円 → 70万4,500円、追加ID料 1,500円(基本使用料には300IDと5GBの利用料が含まれる)

・追加ディスク利用料

  • 100GB以内:1GBあたり 3,000円 → 900円
  • 100GBを超えた分:1GBあたり 3,000円 → 400円

同社では、今回の価格改定に先立ち、OluOlu CABINETのバージョンアップを6月に実施。コンテンツをダウンロードしなくても閲覧できるプレビュー機能の強化や、コンテンツに関するダウンロードや印刷の可否といった権限設定の詳細化など、10以上の機能を追加および強化し、操作性とセキュリティの向上を図っている。

今回リリースされた主な機能は、以下のとおり。

  • Webブラウザ上から直接コンテンツを閲覧できるプレビュー機能のビューアをリニューアルし、ビューア上での拡大縮小・反転表示や印刷、検索などの機能を追加。
  • コンテンツやフォルダの表示・編集などに関する権限について、従来の6種類に対し、「コンテンツ管理者」(特定のフォルダのみすべての操作が可能)、「ゲスト」(プレビューのみ可能)などの5種類を追加。より細かな権限設定が可能になった。
  • OluOlu CABINET上でコンテンツを登録・変更すると、事前に設定されたルートに沿ってワークフローが自動スタートする機能を追加。また、クライアントがWebDAVに対応していれば、通常のWindows画面(Windows Explorer)でのコンテンツ登録・変更においてもOluOlu CABINET上でのワークフロー自動スタートが可能となり、従来の、ワークフロー画面を手動で起動する方法に比べて業務効率が向上する。
  • コンテンツやフォルダに対して保管期限の設定ができる。それにより、保管期限が満了になるコンテンツの絞り込みなどの保管期限管理が可能。

なお同社では、「OluOlu CABINET」標準サービス以外に、次のようなサービスを提供している。

  • OluOlu START(OluOlu CABINETを契約している顧客は無償で利用できる):ユーザーインタフェースにAdobe AirとAdobe Flexを採用して操作性を向上させたエンタープライズポータル。ユーザーは、ブログやWikiなどの数十種類の標準サービスの中から、利用したいサービスを自由に組み合わせて、組織や個人ごとのポータル画面を即座に構成できる。ユーザーの環境に合わせて、Webブラウザとデスクトップアプリケーションのどちらからでも利用可能。
  • OluOlu CABINET/TRACLE(OluOlu CABINETの有償オプション):OluOlu CABINET上で、各種プロジェクトの進捗管理を支援するテンプレート。各タスクや課題ごとに関連する仕様書や成果物などをひも付けて管理することが可能となる。

OluOlu CABINETオプションサービスの価格は以下のとおり。

  • 課題管理テンプレート(OluOlu CABINET/TRACLE)利用の場合、初期契約費用 20万円、月額利用料 3万円(標準サービスの契約クライアント数の範囲内で無制限に利用可能)
  • VPN接続サービス利用の場合、初期契約費用 10万円、月額基本利用料 5万円、クライアント利用料 800円(標準サービスの契約クライアント数と同数のクライアント数が必要)


「OluOlu」公式サイト
http://www.olu2.com/

アイ・ティ・フロンティア
http://www.itfrontier.co.jp/index.html

【訂正2010年7月29日19:58】初期契約費用につきまして、当初「1契約につき 3万円→ 5万円(初回契約時のみ)」としていたのは、「1契約につき 30万円→ 5万円(初回契約時のみ)」の誤りでした。本稿では修正ずみです。

関連記事

アイ・ティ・フロンティア、文書管理サービス「OluOlu CABINET」の価格を改定アイ・ティ・フロンティアは2010年7月26日、同社が提供するSaaS型文書管理サービス「OluOlu CABINET」(オルオル キャビネット)の価格を改定し、初期契約費用を1契約あたり30万円から5万円に、月額のディスク利用料を1GBあたり3,000円から900円に更新した。また、同サービスのバージョンアップを行って機能を強化したことを発表した。

PAGE TOP