[技術解説]

実例から学ぶBPMの意義 PART01

2010年8月3日(火)

競争力の源泉は企業の“弾力” 業務プロセスに主軸を移し、しなやかな変化対応力を得る グローバル化が進展する中、企業はこれまで以上のスピード感を求められている。個別の部門やシステムにおける部分最適を積み重ねても、ビジネスの変化対応力は高まらない。部門横断的なプロセスに目を向けて改革を進める先進企業を例に、BPMの今日的意義を探る。

「このままでは、システムが事業拡大の重荷になりかねない」。日産自動車をプロセス可視化・標準化に駆り立てたのは、こうした危機感だ。「インドや東欧といった新興市場に進出する際、日本や欧米など成熟市場における業務フローやシステムをそのまま持ち込んでもうまくいかない」(グローバル情報システム本部IS企画統括部主担の大関洋氏)。だからといって、業務フローをゼロから構築していては、迅速にビジネスを開始できない。一方、グループ内で稼働中のアプリケーションは1000近くあり、1つのアプリケーションには30〜40のアプリケーションがひも付いている。このため、既存システムの一部を切り出して再利用することは難しい。

同社はこうしたジレンマから脱却するため、業務プロセスに目を向けた。標準プロセスの組み合わせで、新たな業務を短期間に構築可能にしようというわけだ。具体的には、グループ内の全業務プロセスを、6つのレベルに階層化。プロセスそのものや、前後のプロセスとの間で発生するインプット/アウトプット、KPIを定義し共有する取り組みを、2007年から推進している。

レベル1〜4のモデリングは、IT部門に属するビジネスアナリストと、その予備軍であるビジネスドメインスペシャリストが担当。設計・開発や販売・マーケティング、サプライチェーンといった業務ドメインごとに、レベル4に当たるプロセスまでをすでに定義した。現在も、業務の変化に応じて改訂を続けている。

レベル5〜6に相当するプロセスは、業務部門の担当者が自ら定義する。これまで、レベル6のプロセスのうち3分の1のモデリングを完了させた。残る3分の2も、2010年度中にモデリングすることを目指す。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

実例から学ぶBPMの意義 PART01競争力の源泉は企業の“弾力” 業務プロセスに主軸を移し、しなやかな変化対応力を得る グローバル化が進展する中、企業はこれまで以上のスピード感を求められている。個別の部門やシステムにおける部分最適を積み重ねても、ビジネスの変化対応力は高まらない。部門横断的なプロセスに目を向けて改革を進める先進企業を例に、BPMの今日的意義を探る。

PAGE TOP