データセンター データセンター記事一覧へ

[最前線]

クラウド時代に通用する「見える化」の実践法

2010年8月4日(水)

プロジェクトとシステムの可視化はユーザー満足度を高める普遍の原理 プロジェクトやシステムの「見える化」に、改めて目を向ける時期に来ている。背景にあるのは、「クラウド」へと急速にシフトしつつあるコンピューティング環境の変化だ。サービス中心、ネットワーク中心へとシステム形態が変わり、システムはいっそう複雑化するとみられる。そうした中、いかにきめ細かくリソースとコスト、納期、品質を管理してユーザー満足度の向上につなげるか。本稿では、クラウド時代でも通用する見える化の方法を、筆者の経験を踏まえながら紹介する。 ※本記事はNTTデータ発行の「USInsight vol.39 Spring 2010」の記事を編集して掲載しています。

情報システムの歴史はメインフレームに始まり、クライアント/サーバーによるオープン化、サーバーの仮想化、システム基盤のクラウド化へと進んでいる。システム形態の変化に伴い、かつては業務の一部を代替するものだったコンピュータの役割も、業務の遂行に必要不可欠なものになった。同時にシステムの大規模化と複雑化が進んでいる。こうした中、プロジェクトを成功させるために、システム開発の各フェーズにおける「見える化」はもちろん、個々の開発者が担当すべき仕事を明確にすることの重要性が日増しに高まっている。

以下では、まずシステム開発のフェーズを細かく分解し、どうしたら徹底した見える化が可能になるか、その実践方法を見ていく。続いて、プロジェクト管理という、どちらかというとマクロな視点での見える化についてもポイントを整理する。

企画・要件定義の見える化
非機能要件の合意を形成

アジャイル型やウォーターフォール型などの手法に関係なく、システム開発は大まかに(1)企画、(2)要件定義、(3)設計、④コーディング、(4)テスト、(5)リリース、(6)運用というフェーズからなる。そして、それぞれのフェーズにおいて見える化が可能だ。

システム要件を見える化する最大の目的は、開発するシステムの要求条件をユーザー企業と合意し、満足度を高めることにある。このとき大切なのは、「非機能要件」を明確にすることだ。大手システムインテグレータを中心とする検討会は、「非機能要求グレード」という用語を用いて、非機能要件を整理する重要性を次のように説明している。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
最前線一覧へ
関連記事

クラウド時代に通用する「見える化」の実践法プロジェクトとシステムの可視化はユーザー満足度を高める普遍の原理 プロジェクトやシステムの「見える化」に、改めて目を向ける時期に来ている。背景にあるのは、「クラウド」へと急速にシフトしつつあるコンピューティング環境の変化だ。サービス中心、ネットワーク中心へとシステム形態が変わり、システムはいっそう複雑化するとみられる。そうした中、いかにきめ細かくリソースとコスト、納期、品質を管理してユーザー満足度の向上につなげるか。本稿では、クラウド時代でも通用する見える化の方法を、筆者の経験を踏まえながら紹介する。 ※本記事はNTTデータ発行の「USInsight vol.39 Spring 2010」の記事を編集して掲載しています。

PAGE TOP