[新製品・サービス]

日本セーフネット、Sentinel HASP 5.0 日本語版を発表

2010年8月4日(水)

日本セーフネットは2010年8月3日、ソフトウェアライセンス管理ソリューション「Sentinel HASP 5.0」の日本語ランゲージパックおよび中国語、イタリア語のランゲージパックを発表した。

HASPは、ソフトウェアの違法コピー、不正使用を防止する知的財産の保護ソリューション。ソフトウェアのライセンス管理を行うことで、ISVの企業コンプライアンスが向上する。HASPはハードウェアキーとソフトウェアアクティベーションからプロテクションキーを自由に選択して、販売戦略にあわせたライセンスを柔軟に発行する。

「HASP 5.0」の仕様および主要機能は以下のとおり。

  • 仮想環境のライセンシング機能
    仮想環境でのアプリケーション動作の許可・不許可のオプションが設定可能になり、ISVはユーザや市場のニーズをレスポンスよく把握でき、ニーズに合った製品の提供が可能になる。
  • 仮想環境下でのクローン検知
    CPU情報、MACアドレスといった固有情報を組み合わせたマシンのフィンガープリントに、ライセンス情報をひも付けする。これにより、仮想環境でのVMゲストのコピーや他のホストへのVMの移動によるソフトウェアの著作権侵害を防止する。
  • カスタマーサービス機能の強化
    エンドユーザーに配布したプロダクトキーを指定し、アクティベーション状況の確認や最大アクティベーション許容回数の変更が可能となる。
  • レポート作成機能を追加
    17種類のSentinel HASPレポートテンプレートが提供され、レポート結果を任意のファイル形式で、スケジュールした日時にメール送信できる。ビジネスモデルの変更など、営業・マーケティングにおける重要な決定を促す強力なツールとなる。
  • 販売代理店の管理
    販売代理店経由で製品を販売する場合、チャネルごと個別のアカウントを発行してオーダー処理を代行させることが可能となる。

同製品の販売価格は、「Sentinel HASP 5.0 (HL) USBハードウェアキー」の参考価格が4,900(税込)より。

日本セーフネット
http://jp.safenet-inc.com/

 

関連記事

日本セーフネット、Sentinel HASP 5.0 日本語版を発表日本セーフネットは2010年8月3日、ソフトウェアライセンス管理ソリューション「Sentinel HASP 5.0」の日本語ランゲージパックおよび中国語、イタリア語のランゲージパックを発表した。

PAGE TOP