[編集部の生産性倍増奮闘記]

「iPadに3Gを後付けする」の巻:第19回

2010年8月4日(水)

Wi-FiオンリーのiPadを使い始めたものの、やはり3Gデータ通信機能もほしくなってしまった…。ということでモバイルWi-Fiルーターを手に入れた顛末です。

 iPadを使い始めて早くも2カ月あまりが経過しました。私が入手したのは3G通信機能を内蔵しないWi-Fiオンリーのモデル。オフィスや自宅には無線LAN環境があるし、ソフトバンクWi-Fiスポット(BBモバイルポイント)を契約時から24カ月無料で使えることになっているので、当初はそれで十分だと思っていました。ところが、1カ月ほど前から、やはり3Gデータ通信の環境も整えたいという欲望が湧いてきたのです。毎日、片道30分の電車通勤をしており、できればその車中で随時メールをチェックしたり、Webサイトを見たりしたい…。

写真1 手のひらに乗る大きさのPWR-100

 その解決策として考えたのは、無線LANのアクセスポイントとしても機能する携帯型データ通信端末、いわゆるモバイルWi-Fiルーターを手に入れる方法です。イー・モバイル、ソフトバンク、日本通信などなど、ここにきて選択肢が広がり始めた製品や通信サービスの情報を調べている中で、興味を引いたのがNTT東日本の「光ポータブル」です。ハードウェアは、バッファローとエヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)が共同開発した「ポータブルWi-Fi(DWR-PG)」。これとほぼ同等品を、NTT東日本が同社のインターネット接続サービス「フレッツ光」契約者向け(自分はこれに相当)に月額315円でレンタルするというものです。バッファローブランドの「DWR-PG」を量販店で購入する手もありましたが、3万7000円(市場価格でも3万円台前半)という価格に即断できず、結局は光ポータブルを選択することにしました。

写真2 データ通信用のSIMカードを本体内に挿入

 申し込みからやや待たされたものの、7月27日に自宅に到着。NTT東日本としての製品名は「光LINK PWR-100」になっていました。同社の公衆無線LANサービス「フレッツ・スポット」(月額210円)も同時契約したので、これからは毎月525円を支払うことになります。3G回線については別途用意せねば…。すぐにドコモショップに足を運び、データ通信用のSIMカードの契約です。選んだのは「定額データプラン スタンダード バリュー」に、2年縛りの「定額データ スタンダード割」。最小1000円~最大5985円のプランです(今はキャンペーン中につき、最初の1年については最大4410円が適用される)。さらにプロバイダとしてドコモのmopera U(月額525円)にも加入しました。ちなみに、当初はSIMカード単体での契約を考えていたのですが、そのドコモショップでは、日本エイサーのネットブック「Aspire One 532h 」とのセットキャンペーンを展開しており、105円で入手可能だったので、結局これをチョイスしたのでありました(またガジェットが増えてしまった…)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
編集部の生産性倍増奮闘記一覧へ
関連記事

「iPadに3Gを後付けする」の巻:第19回Wi-FiオンリーのiPadを使い始めたものの、やはり3Gデータ通信機能もほしくなってしまった…。ということでモバイルWi-Fiルーターを手に入れた顛末です。

PAGE TOP