[新製品・サービス]

Webサーバーのスケールアウト用途に適した高密度サーバー

2010年8月13日(金)

SM10000/ネットワンシステムズ ネットワンシステムズは2010年6月21日、多数のWebサーバーやアプリケーションサーバーのスケールアウト用途に適したサーバーを発表した。

SM10000/ネットシステムズ 1枚のボードに8台分のサーバー機能を実装する(青色の部分)

新製品「SM10000」は、低消費電力と省スペース性を高めた点が特徴である。独立して動作する8台分のサーバー機能(CPUとチップセット、メモリー、ASICによるI/O機能)を備えたCPU/メモリーボードを、10Uサイズのラックマウント型の専用キャビネットに64枚収容。合計512台分のサーバーを1つのキャビネットに高密度実装する。

処理性能当たりの消費電力を低くするために、携帯端末用途のインテル製CPU「Atom Z530」を採用した。1.6GHzの動作周波数に対するTDP(熱設計電力)は、CPUとチップセットを合わせて4.3W。XeonやOpteronといった標準的なサーバー向けCPUと比べると、電力当たり3.2倍以上の処理性能を確保できる計算だ。

独自のハードウエア機構を採用して、サーバー機構そのものの簡素化も図った。具体的には、独自のASICを搭載したCPU/メモリーボードを専用ファブリックで接続することで、マザーボードを汎用部品だけで構成した場合に比べて90%減らした。

メモリー容量はCPU当たり1GBまたは2GB。ストレージについては、2.5インチのドライブを8台搭載できるカードをキャビネットに最大8枚収容する。出荷は2010年7月30日。価格は最小構成で2335万円から。開発会社は米SeaMicro。 (日川)

関連記事

Webサーバーのスケールアウト用途に適した高密度サーバーSM10000/ネットワンシステムズ ネットワンシステムズは2010年6月21日、多数のWebサーバーやアプリケーションサーバーのスケールアウト用途に適したサーバーを発表した。

PAGE TOP