[新製品・サービス]

TwitterやUstreamの最新情報を営業に生かす

2010年8月26日(木)

eセールスマネージャーRemix Cloud/ソフトブレーン ソフトブレーンは2010年6月24日、営業プロセス管理ソフトの新版「eセールスマネージャーRemix Cloud」を発表した。社内外のシステム/サービスとの連携機能を強化してポータル画面から得られる情報量を拡充したのに加えて、予算達成に向けた営業プロセスの改善活動を支援するBI(ビジネスインテリジェンス)機能を標準装備した。

興味深いのはタスクや予定を表示するポータル画面に、ソーシャルメディアの一種である「Twitter」や動画配信サービス「Ustream」の情報を表示できる点だ。社外で発生する自社や顧客に関する情報を迅速に入手して、営業やマーケティングに生かせるようにする狙いである。

ソフトブレーンはeセールスマネージャーRemix CloudをSaaS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)とオンプレミスの2形態で販売する。SaaS版の料金は1ユーザー当たり月額1万1000円、オンプレミス版は1ライセンスで13万5000円。同社は中国語版と英語版の販売も計画中で、2011年度までに60社への導入を目指す。 (栗原)

関連記事

TwitterやUstreamの最新情報を営業に生かすeセールスマネージャーRemix Cloud/ソフトブレーン ソフトブレーンは2010年6月24日、営業プロセス管理ソフトの新版「eセールスマネージャーRemix Cloud」を発表した。社内外のシステム/サービスとの連携機能を強化してポータル画面から得られる情報量を拡充したのに加えて、予算達成に向けた営業プロセスの改善活動を支援するBI(ビジネスインテリジェンス)機能を標準装備した。

PAGE TOP