[新製品・サービス]

クラウドサービスも対象に、IDを統合管理

2010年8月27日(金)

Novell Identity Manager 4 Advanced Edition/ノベル ノベルは2010年6月25日、統合ID管理製品の新版を発表した。最大の目玉は、クラウドコンピューティング関連の機能強化である。セールスフォース・ドットコムが提供しているSaaS「Salesforce CRM」とグーグルの「Google Apps」のIDを統合管理の対象に加えられるようにした。今後、日本IBMの「IBM LotusLive」や日本オラクルの「CRM On Demand」のIDも統合管理できるようにする方針だ。

新版の名称は「Novell Identity Manager 4 Advanced Edition」。複数のシステムを対象に、IDの発行から変更・削除までのライフサイクルを事前に設定したポリシーに基づいて統合管理する。主要なOSやデータベース、ソフトウェア向けに用意されたドライバを導入すれば、システムごとに個別管理していたIDの管理を一元化できる。SaaSのID管理については、クラウド事業者が提供するID管理コンソールのAPIを使う。

価格は1ユーザー6000円(税別)から。TISや日立ソフトウェアエンジニアリングなどの販売パートナーを通して2010年9月から販売する。 (鳥越)

関連記事

クラウドサービスも対象に、IDを統合管理Novell Identity Manager 4 Advanced Edition/ノベル ノベルは2010年6月25日、統合ID管理製品の新版を発表した。最大の目玉は、クラウドコンピューティング関連の機能強化である。セールスフォース・ドットコムが提供しているSaaS「Salesforce CRM」とグーグルの「Google Apps」のIDを統合管理の対象に加えられるようにした。今後、日本IBMの「IBM LotusLive」や日本オラクルの「CRM On Demand」のIDも統合管理できるようにする方針だ。

PAGE TOP