[河原潤のITストリーム]

ワークロードの違いに着目してシステムの効率性を高める:第22回

2010年8月11日(水)河原 潤(IT Leaders編集委員/データセンター完全ガイド編集長)

7月23日、IBMはハイエンド・サーバーの最新機種「IBM zEnterprise」を世界同時発表しました。2008年2月発表の「z10」の後継となる同社製サーバーの最上位モデルは、クロック周波数、最大搭載CPU数、プロセサコア数が引き上げられたメインフレーム・サーバー「IBM zEnterprise 196(z196)」、z196に接続して利用するx86およびPOWER7ブレード搭載の拡張サーバー「IBM zEnterprise BladeCenter Extension(zBX)」、z196とzBXの混在環境においてリソースを一元管理するソフトウェア「IBM zEnterprise Unified Resource Manager(URM)」によって構成されています。

IBMが「次の10年に向けた、企業コンピューティングの再定義」(米国IBM システム&テクノロジー・グループ 開発/製造ゼネラル・マネジャーのAmbuj Goyal氏)と表現するzEnterpriseの投入は、同社が以前よりサーバー/ストレージ製品の提供に際して掲げる「ワークロードの最適化」の取り組みの集大成ととらえられます。今年に入ってIBMは、UNIXサーバーの「Power Systems」、x86サーバーの「System x」サーバーの両ファミリを共に刷新しましたが、そのときから製品開発の背景として同社が説明してきたワークロードの最適化の考え方に納得がいったので、(それがIBM製ハードウェアの優位性にどうつながるかの詳細は省きますが)ここであらためて整理してみます。

ここで言うワークロードは、企業のデータセンターで稼働される各種業務アプリケーションの特性(の違い)のこと。今後は、RFIDやスマート・グリッドなどの技術の進展で、企業システムが扱うデータ/トランザクションの量がより増大し、膨大なデータを活用する新しいタイプのアプリケーションの出現も予想されています。そうした中で、ワークロードの最適化とは、アプリケーションの特性ごとに最適な処理の仕組みを適材適所で設けることで、全体の処理効率を高めていく考え方であると説明されています。

IBMは、同社の顧客企業へのヒアリングの結果を基に、現在そして今後の10年間に企業のITインフラが対応しなくてはならないワークロードの4タイプを定義しています。1つめは「トランザクション処理/データベース処理」で、拡張性や高いサービス品質、ピーク対応、継続性、柔軟性が要求されます。具体的には、データベースやデータ・ウェアハウス、OLTP、バッチ処理などのアプリケーションが該当し、このワークロードでは高い並列処理能力を持ったスケールアップ型のシステム・アーキテクチャが最も適しているとされています。

2つめは「ビジネス・アプリケーション」で、拡張性や高いサービス品質、柔軟性が要求されるワークロードで、ERP、CRM、開発環境/ツールなどが該当します。データI/O量やトランザクションはそれほど多くありませんが、リアルタイムでの高い演算処理能力が要求されるため、大容量のシステム・メモリが必要になります。このワークロードも、スケールアップ型のアーキテクチャが適しています。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
河原潤のITストリーム一覧へ
関連キーワード

IBM / POWER / Xeon

関連記事

ワークロードの違いに着目してシステムの効率性を高める:第22回7月23日、IBMはハイエンド・サーバーの最新機種「IBM zEnterprise」を世界同時発表しました。2008年2月発表の「z10」の後継となる同社製サーバーの最上位モデルは、クロック周波数、最大搭載CPU数、プロセサコア数が引き上げられたメインフレーム・サーバー「IBM zEnterprise 196(z196)」、z196に接続して利用するx86およびPOWER7ブレード搭載の拡張サーバー「IBM zEnterprise BladeCenter Extension(zBX)」、z196とzBXの混在環境においてリソースを一元管理するソフトウェア「IBM zEnterprise Unified Resource Manager(URM)」によって構成されています。

PAGE TOP