[ザ・プロジェクト]

Windows機をシンクライアントに全面移行 共有化などで6500台のPCを半減へ【ソフトバンクテレコム】

2010年8月19日(木)

Windows Vistaの導入を見送った企業の多くが、パソコンのリプレース時期を迎えている。その1社であるソフトバンクテレコムは2010年4月、6500台のWindows XP機をシンクライアントに全面移行する決断をした。コスト効果をどう算出したのか?進行中のプロジェクトの全容を聞く。 聞き手は本誌編集長・田口 潤 Photo:陶山 勉

諸岡 みどり 氏
諸岡 みどり 氏
情報システム本部 ITサービス統括部 サービスデリバリ部 部長
1986年に日本ソフトバンク入社。ソフトバンクBBにて、セキュリティオペレーションセンターの構築やシステム運用監視センターの業務などを担当。2008年4月から現職。グループの通信3社の情報システム部を兼務し、合計2万人を対象にパソコンのデリバリやOAシステムのサポートを担当している


清水 繁宏 氏
清水 繁宏 氏
営業推進本部 副本部長
1991年10月、日本テレコム(現ソフトバンクテレコム)に入社。事業計画やチャンネルプロモーションを担当した後、データ系サービスの営業推進や事業企画業務を手掛ける。2010年5月から現職。現在は全サービスの営業推進および事業企画、営業プロモーションを担う


立田 雅人 氏
立田 雅人 氏
クラウドサービス開発本部 基盤サービス開発部 部長 兼 クラウド事業推進室 副室長
1989年に日立製作所に入社し、通信事業者向けの営業を担当する。その後、EMCジャパンやベリタスソフトウェアを経て、2005年に日本テレコム(現ソフトバンクテレコム)入社。仮想サーバーのホスティング事業などを推進し、現在はクラウドコンピューティング事業の企画/開発/運営に従事している


竹内 俊雄 氏
竹内 俊雄 氏
クラウドサービス開発本部 基盤サービス開発部 デスクトップサービスグループ グループリーダー
1996年、国際デジタル通信に入社。VoIP商品の企画などに携わる。同社と日本テレコム(現ソフトバンクテレコム)が合併した2005年以降、インターネットの商品企画や仮想化サーバーのホスティング事業を手掛け、現在は仮想化デスクトップのホスティング事業の企画・立ち上げを担当している


この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

Windows機をシンクライアントに全面移行 共有化などで6500台のPCを半減へ【ソフトバンクテレコム】Windows Vistaの導入を見送った企業の多くが、パソコンのリプレース時期を迎えている。その1社であるソフトバンクテレコムは2010年4月、6500台のWindows XP機をシンクライアントに全面移行する決断をした。コスト効果をどう算出したのか?進行中のプロジェクトの全容を聞く。 聞き手は本誌編集長・田口 潤 Photo:陶山 勉

PAGE TOP