[新製品・サービス]

富士通、カシオと共同で間接材の集中購買システムを刷新し購買作業の効率化を支援

2010年8月19日(木)

富士通は2010年8月18日、カシオ計算機(カシオ)と共同で、カシオグループにおける全間接材の購買情報を一元管理し、利用部門、調達部門、取引先をつないで見積もりや発注、検収作業を支援する「間接材集中購買システム」を刷新したことを発表した。

カシオではこれまで、全グループ会社19社における間接材の購買情報を一元管理し、購買、調達業務を支援する間接材集中購買システムを構築し整備してきた。今回、さらなる購買業務全体の作業効率とスピードの向上、グループ会社への展開拡大に向けて、利用部門や取引先を含めた購買業務プロセス全体のスリム化や、操作性の向上、システム運用コストの低減が図られた。

新システムでは、見積もりから注文、検収までの調達業務の効率化をトータルに支援する富士通のSaaS型「ProcureMART(プロキュアマート)間接材調達業務支援サービス」を採用したことで、運用コストを従来システムの約半分に抑え、企画からわずか6カ月という期間で稼働させることができたのこと。

また、従来からの電子カタログ、発注、カシオの決済レベルマスタとの連携による承認者自動設定などの機能を踏襲し、これまでメールで行っていた見積もりや納期回答などの業務プロセスを電子化し新たにシステムに取り込むことで、操作性の向上や業務プロセスのスリム化、業務効率とスピードの向上も可能になった。

富士通は2010年度中に、SaaS型「ProcureMART間接材調達業務支援サービス」のグローバル版の提供を予定しており、世界各国でビジネスを展開している日本企業に対し、現地仕入先との間接資材の調達業務をサポートしていく予定。


「ProcureMART」
http://fenics.fujitsu.com/outsourcingservice/procure-j/

富士通
http://jp.fujitsu.com/

関連記事

富士通、カシオと共同で間接材の集中購買システムを刷新し購買作業の効率化を支援富士通は2010年8月18日、カシオ計算機(カシオ)と共同で、カシオグループにおける全間接材の購買情報を一元管理し、利用部門、調達部門、取引先をつないで見積もりや発注、検収作業を支援する「間接材集中購買システム」を刷新したことを発表した。

PAGE TOP