CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[私の本棚]

理系の経営学-ヤマトホールディングス小佐野豪績 氏が選ぶ1冊

2010年8月25日(水)

このコーナーのお話をいただいてから、iPhoneを使って書棚の在庫整理をしました。「ブクログ」というアプリがありましてね。ほら、こうやって書籍のカバーに印刷されているバーコードをカメラで写すでしょう。そうすると、ISBNを認識してその本のタイトルや著者など基本情報が登録され、自分専用の本棚データベースを作れる。表紙画像も自動で引っ張ってきて、貼り付けてくれます。便利でしょ?

理系の経営学理系の経営学
宮田 秀明 著
ISBN:978-4822243302
日経BP社
1680円

データベース化して分かったんですが、500冊以上ある蔵書のうち、半分は経営や自己啓発に関する本でした。今日は、そのなかから数冊紹介します。

理工学部出身なので、経営には縁遠いと思っていました。その私が経営者になることを初めて意識して読んだ本が、「理系の経営学」です。分析やモデリング、シミュレーションを生かした科学的な意思決定の有効性を説いています。同書に出会った半年後、関連会社の社長に就任しましたが、確かにその通りでしたね。経営課題の多くは、数学的思考で解決できるんですよ。

経営にはいろいろな変数がついて回ります。解決すべき課題を多元連立方程式と考えることで、変数の数だけ式を立てて最適解を探れる。ヒト・モノ・カネの3つが変数の3次方程式なら、3つの式があれば解けます。

複数の課題が複雑に絡み合っているときは、因数分解の要領で共通項をくくり出してシンプルにする。ほかにもありますよ。本社に提案をして、明確な賛同は得られなかったが、目立った反論もない。そういうときには、「『No』と言われなければ『Go』だ」と判断して行動を開始した。これは、背理法の理屈ですね(笑)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
私の本棚一覧へ
関連記事

理系の経営学-ヤマトホールディングス小佐野豪績 氏が選ぶ1冊このコーナーのお話をいただいてから、iPhoneを使って書棚の在庫整理をしました。「ブクログ」というアプリがありましてね。ほら、こうやって書籍のカバーに印刷されているバーコードをカメラで写すでしょう。そうすると、ISBNを認識してその本のタイトルや著者など基本情報が登録され、自分専用の本棚データベースを作れる。表紙画像も自動で引っ張ってきて、貼り付けてくれます。便利でしょ?

PAGE TOP