CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[CIO INSIGHT]

コスト削減と効率追求だけが使命ではない 収益向上の道を切り拓くCIO

2010年8月30日(月)

The CIO as an Engineer of Revenue By Kay Lewis Redditt and Thomas M. Lodahl 翻訳 : 古村 浩三 IT部門はコスト削減や効率向上を担う部門であり、収益向上とは関係がない─。こうした認識が存在する背景には、IT部門が収益向上に貢献する能力を持っているのだという事実を、経営者や現業部門のリーダー(ビジネスリーダー)がよく理解していないことがある。収益向上を目的としたプロジェクトにIT部門が積極的に関与するためには、CIO(最高情報責任者)自らがビジネスリーダーに語りかけ、プロジェクトの初期段階からかかわりを持つことが必要だ。 (編集部)

最小の投資でできるだけ多様な施策を継続するために、IT部門は何をすればよいだろうか。業務上のコストを削減したり、効率向上のためにさらなる策を講じるというのは確かに重要だが、もう1つ必要なものがある。それは収益向上だ。これは全体的な利益率の改善を目指してきた多くの企業にとって、市場の停滞時には目をつぶらざるを得なかった目標である。

本稿では、収益向上のために努力をしてきた何人かのCIO(最高情報責任者)の取り組みを紹介する。だがその前に、この20年間にビジネスの目標がどう変化してきたか、目標の達成のためにITがどう貢献してきたかを振り返ってみよう。

ビジネスマネジャーの意識はコスト削減から収益向上に

筆者が在籍するITコンサルティング企業、米コグニテック・サービシズが、現業部門を統括するビジネスマネジャーに対して実施した調査結果によると、眼前の目標としてコスト削減や効率向上を挙げた人は、1991年では全体の11.9%を占めていたものが、2009年では8.0%と約33%減少している。一方で収益向上を目標に据える人は、13.5%から26.1%とほぼ倍増した(図1)。

ビジネスマネジャーが掲げた業務目標と、それに対するIT部門の貢献度の比較。
図1 ビジネスマネジャーが掲げた業務目標と、それに対するIT部門の貢献度の比較。ビジネスマネジャーが掲げる業務目標のうち、収益向上の重要性が増加している。一方でコスト削減/効率向上については重要性が低下傾向にある。一方で、IT部門は収益向上よりもコスト削減/効率向上に貢献する部門だと捉えられているのが現状だ(画像をクリックで拡大)

コストや効率性の重要性が低下していくのは長期的な傾向だ。IT部門が引き続きコスト削減や効率性に重きを置くとすれば、それは多くの企業が狙っている長期的なビジネス戦略とは合致しないことになりかねない。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
CIO INSIGHT一覧へ
関連記事

コスト削減と効率追求だけが使命ではない 収益向上の道を切り拓くCIOThe CIO as an Engineer of Revenue By Kay Lewis Redditt and Thomas M. Lodahl 翻訳 : 古村 浩三 IT部門はコスト削減や効率向上を担う部門であり、収益向上とは関係がない─。こうした認識が存在する背景には、IT部門が収益向上に貢献する能力を持っているのだという事実を、経営者や現業部門のリーダー(ビジネスリーダー)がよく理解していないことがある。収益向上を目的としたプロジェクトにIT部門が積極的に関与するためには、CIO(最高情報責任者)自らがビジネスリーダーに語りかけ、プロジェクトの初期段階からかかわりを持つことが必要だ。 (編集部)

PAGE TOP