[技術解説]

DaaSサービスの低価格化が急進、操作性を保つ技術進歩や導入を容易にする製品も (PART2)

2010年8月31日(火)

クライアント仮想化 7つのトレンド クライアント仮想化が一気に身近な存在になってきた。月額2000円台で利用できるDaaS(デスクトップ・アズ・ア・サービス)の登場、PC並みの使い勝手や性能を可能にする技術革新など、クライアント仮想化の現状を読み解く7つのトレンドを紹介する。 栗原 雅/鳥越 武史(編集部)

Trend 1.
DaaSサービスが続々登場 最低2000円台で利用可能に

DaaS(デスクトップ・アズ・ア・サービス)が次々と登場し、PCリプレース時の選択肢として一気に現実味を帯びてきた。DaaSとは、PCのデスクトップ環境そのものをサーバー上で仮想化した「仮想PC」を、ネットワーク経由で貸し出すサービスである。技術的にはシンクライアント・システムの一種に位置づけられ、「画面転送型」「ネットワークブート型」「ブレードPC型」「仮想PC型」の4種類に大別できるシンクライアント・システムの形態のうち、仮想PC型に相当する。

仮想PC型の最大のメリットは、クライアントOSをサーバー上に配備するので、基本的に既存のPCで動くすべてのアプリケーションを利用できる点である。これまでシンクライアント・システムで多く採用されてきた画面転送型のように、利用できるアプリケーションの制約がない。

この数カ月で劇的に変わったのは、仮想PC1台当たりの月額利用料金が1万円を大きく切り始めた点である。NTTコミュニケーションズは2010年6月、月額9800円から利用可能なDaaSサービス「Bizデスクトップ Pro」を開始した。翌7月にはインターネットイニシアティブが月額8000円から利用できる「IIJ GIO仮想デスクトップサービス」をスタート。同月、丸紅はDaaSサービス「VirtuaTop(バーチャトップ)」の価格改定を実施し、仮想PC1台あたりの月額利用料金を6500円から3980円に引き下げた。さらにこの月、ソフトバンクテレコムもDaaSサービスを正式に発表。2010年10月に開始する「ホワイトクラウド デスクトップサービス」で、仮想PCを1台当たり月額2500円で提供する。

現在、月額制のDaaSとしてサービスを提供していないが、以前からシンクライアント・システムの構築を手掛け実績が豊富なNECや日本IBM、日立製作所といった大手もDaaSサービスへの参入が見込まれる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
関連記事

DaaSサービスの低価格化が急進、操作性を保つ技術進歩や導入を容易にする製品も (PART2)クライアント仮想化 7つのトレンド クライアント仮想化が一気に身近な存在になってきた。月額2000円台で利用できるDaaS(デスクトップ・アズ・ア・サービス)の登場、PC並みの使い勝手や性能を可能にする技術革新など、クライアント仮想化の現状を読み解く7つのトレンドを紹介する。 栗原 雅/鳥越 武史(編集部)

PAGE TOP