[技術解説]

DaaSやVDI構築サービスが続々登場 (PART6)

2010年9月28日(火)

対応端末の多様化や復旧対応の充実が進む VDI構築支援サービスも充実 クライアント仮想化を実現するにはいくつかの方法がある。本パートでは、選択肢の増加や価格低下で動きが活発なDaaSに焦点を当て、注目ポイントや主要サービスの内容、自社でDaaS環境を整えるためのVDI構築支援サービスについて概観する。 鳥越 武史(編集部)

国内で利用できるDaaSが続々と登場してきた(表6-1)。すでに提供・発表されているサービスの注目ポイントを整理すると、次の5つを挙げることができる。それは(1)OSライセンス、(2)信頼性の確保、(3)利用可能なプロトコル、(4)サーバーの契約形態、(5)自社DaaS構築ニーズへの対応だ。以下で具体的に見ていこう。

主要な仮想PC型DaaS一覧
表6-1 主要な仮想PC型DaaS一覧
※1 150ユーザーの場合 ※2 50デスクトップパックの場合 ※3 使用する物理サーバーによって異なる ※4「Economy」グレードの場合

VDI専用ライセンスが必要

OSライセンスはユーザー企業が用意する─これが、現在のDaaSの基本的なスタンスだ。インターネットイニシアティブの「IIJ GIO 仮想デスクトップサービス」やソフトバンクテレコムの「ホワイトクラウド デスクトップサービス」など、多くはOSを搭載しない仮想マシン、つまり“空のPC”に相当するものを提供するにとどまる。

仮想PCのOSライセンスは、ユーザー企業がマイクロソフトと個別に契約する。そのライセンスは通常のライセンスではなく、Windows Virtual Desktop Access(VDA)というものだ。月額料金は1ユーザーあたり1100円(参考価格)。通常のPC向けのWindows の保守サポート契約である「Software Assurance(SA)」や、企業向けの包括契約である「Enterprise Agreement」を契約している場合は、VDAのライセンス料金は無料となる。

例外として、VDAライセンス料金をサービスの月額料金に上乗せして分割支払い可能なDaaSもある。NTTコミュニケーションズは自社のDaaS「BizデスクトップPro」において、「マイクロソフトとOSライセンス提供に関する特別契約を締結している」(NTTコミュニケーションズの田村 尚子サーバーサービス推進部門担当課長)ことにより、こうした支払い方法を可能にしている。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

DaaSやVDI構築サービスが続々登場 (PART6)対応端末の多様化や復旧対応の充実が進む VDI構築支援サービスも充実 クライアント仮想化を実現するにはいくつかの方法がある。本パートでは、選択肢の増加や価格低下で動きが活発なDaaSに焦点を当て、注目ポイントや主要サービスの内容、自社でDaaS環境を整えるためのVDI構築支援サービスについて概観する。 鳥越 武史(編集部)

PAGE TOP