[新製品・サービス]

自社の経験をもとに脱オンプレミスへの可能性や道筋を診断

2010年9月24日(金)

クラウド化クイックアセスメント、クラウド化企画サービス/NEC 本誌2009年5月号、2010年4月号で既報の通り、NECは自社のクラウド基盤上でグループ約50社の基幹業務システムを再構築。2010年4月の経理システムに続き、2011年4月には販売・資材システムをクラウド上で稼働させる予定である。

そのNECが、一連の取り組みから得たノウハウの“商品化”に向け、本格的に動き出した。

同社は7月28日、企業システムのクラウド移行を支援するコンサルティングサービス2種を発表。同日、販売開始した。「クラウド化クイックアセスメント」と「クラウド化企画サービス」である。

クラウド化クイックアセスメントは、独自のツールを用いて業務プロセスやシステム、IT基盤などの標準化がどの程度進んでいるかを診断。クラウドに移行できる領域を明らかにするサービスだ。標準化における課題や、推進計画も提示する。ヒアリングや調査・分析を経て診断結果を報告するまでの期間は、最短で1カ月。価格は50万円から。

クラウド化企画サービスは、対象を基幹業務システムに特化したコンサルティングサービスである。事業や業務パターン、システムの整備・利用状況を調査したうえで、オンプレミスからクラウドに移行可能な業務領域を特定。さらに、「SaaS型」「共同センター型」といったクラウド化の実現方式や、実行計画を策定する。投資効果の算定も実施するという。クラウド化ロードマップの立案までの期間は、最短で2カ月としている。価格は1000万円から。

これら新サービスには、NECが提供中のクラウド基盤「クラウド指向サービスプラットフォーム」の利用を促進する狙いがあると見るのが自然だろう。同社は今回発表した2サービスに、専任コンサルタント20人を投入。3年で100社に販売することを目指す。 (力竹)

関連記事

自社の経験をもとに脱オンプレミスへの可能性や道筋を診断クラウド化クイックアセスメント、クラウド化企画サービス/NEC 本誌2009年5月号、2010年4月号で既報の通り、NECは自社のクラウド基盤上でグループ約50社の基幹業務システムを再構築。2010年4月の経理システムに続き、2011年4月には販売・資材システムをクラウド上で稼働させる予定である。

PAGE TOP