[新製品・サービス]

富士通、無線通信とSaaSの連携による物流業界向け運行支援システムをクラウドで提供

2010年9月11日(土)

富士通は、物流業界向けに、無線通信機能付きデジタルタコグラフ(デジタコ)でリアルタイムに収集した車両の運行情報や、ドライバーの作業情報を、クラウドサービスで管理・分析するソリューション「TRIAS/TR-SaaS」(トライアス ティーアール サース)を、2010年9月10日より販売開始した。

同ソリューションは、無線通信機能付きデジタコと、インターネット経由のSaaS型運行支援システムを連携させたもので、顧客は自社で運行管理システムを構築することなく、インターネットにつながるパソコンを用意するだけで、車両に搭載したデジタコの運行情報分析が行えるというもの。

車両の車速や時間・エンジン回転数などの情報と運転評価表をもとに、ドライバーへの運転指導などが行え、ドライバーの安全運転を徹底できるほか、運行経路の効率化、燃費向上による環境貢献、さらには運転日報の自動出力によるドライバーの作業負荷軽減などを期待できる。

同ソリューションで活用する無線通信機能付きデジタコ「DTS-C1」は、車載情報システムなどを手がけるトランストロンが開発し、情報を管理・分析するSaaSは、富士通九州システムズが開発した。

発表による同ソリューションの特徴は以下のとおり。

  1. SaaS型による短期間でのシステム導入が可能
    運行分析用のICTシステムに必要なハードウェアや、事業所ごとのソフトウェアのインストールが不要となり、インターネットに接続できるパソコンがあれば、手軽に利用可能。初期費用を抑えて、短期間での利用開始を可能にする。
  2. 無線通信機内蔵のデジタコにより、ドライバーの作業効率化とリアルタイムな運行管理
    車両の運行情報やドライバーの作業情報について、無線通信を利用してデジタコから自動的に富士通データセンターに送信することで、ドライバーの作業効率化およびリアルタイムな運行管理が可能になる。
  3. 富士通データセンターからのSaaS提供
    車両の運行情報やドライバーの作業情報などの各種データは、富士通クラウドサービスのビジネス基盤であり、堅牢なファシリティ管理と万全なセキュリティ対策を施したデータセンターで管理。

「TRIAS/TR-SaaS」の販売価格(税別)は、無線通信機能付きデジタコ1台あたりのサービス利用料が、3,200円/月から。


「DTS-C1(ネットワーク型)」紹介サイト(トランストロン)
http://www.tcsd.jp/dts/entrance/prod/page_26.html.jsp

富士通
http://jp.fujitsu.com/

関連記事

富士通、無線通信とSaaSの連携による物流業界向け運行支援システムをクラウドで提供富士通は、物流業界向けに、無線通信機能付きデジタルタコグラフ(デジタコ)でリアルタイムに収集した車両の運行情報や、ドライバーの作業情報を、クラウドサービスで管理・分析するソリューション「TRIAS/TR-SaaS」(トライアス ティーアール サース)を、2010年9月10日より販売開始した。

PAGE TOP