[新製品・サービス]

ネクサンティス、シングルサインオン製品「Evidian E-SSOクラスタモード」の販売を開始

2010年9月14日(火)

大日本印刷(DNP)の100%子会社であるネクサンティスは2010年9月13日、シングルサインオン製品「Evidian Enterprise SSO」(Evidian E-SSO)の新機能として「クラスタモードオプション」の販売を2010年9月14日より開始することを発表した。

シングルサインオンとは、パソコン上で最初に1回だけログオン(パスワード入力やICカードによる本人確認)を行うと、そのユーザーがアクセス権限を持つ複数のアプリケーションやシステムに対して、再度パスワードを入力しなくても、自動的にログオンできるシステム。シングルサインオンによって、ユーザーは、多数のパスワードを管理する必要がなくなる。

今回「Evidian E-SSO」の開発元であるフランス・Evidian社は、「Evidian E-SSO」の最新バージョン(8.0.3)に、ユーザーが1台のパソコンにログオンすると、あらかじめ設定した複数台のパソコンに対しても同時にログオンできる「クラスタモードオプション」を追加た。これを受け、日本国内における同製品の総販売代理店である同社は、クラスタモードオプションの日本語化対応を行い、日本国内向けに販売を開始した。

同製品の主な特長は以下のとおり。

  1. さまざまなタイプのアプリケーションに対応
    Webアプリケーションのほか、クライアント/サーバーやSAP、Oracleアプリケーション環境、メインフレームエミュレーター、telnet、Lotus Notes、Citrix環境など、多様なタイプのアプリケーションに対応する。
  2. Active Directoryなど既存LDAPの利用が可能
    SSOディレクトリとして、Active Directory やSUN Javaディレクトリなど既存のLDAP v3準拠ディレクトリを利用可能。既存のディレクトリを利用することで、ユーザーディレクトリや認証サーバーの新規構築が不要となり、導入及び運用管理コストを抑えられる。
  3. さまざまな認証方法をサポート
    通常のパスワード認証に加えて、ICカード、バイオメトリクス(生体認証)、RFID、ワンタイムパスワードなど、さまざまな認証方式を組み合わせてセキュリティを強化できる。
  4. きめ細かいアクセス管理の実現
    ユーザー/アプリケーション/端末/認証方式」などを組み合わせた条件の設定が可能で、よりセキュアなアクセス制御を実現する。
  5. ユーザー権限の委譲
    特定のアプリケーションに対するアクセス権限を、特定の期間、特定のユーザーに委譲できる。
  6. 完成されたトークン管理機能
    社員証として配布されたIDカードの利用において必要とされる貸出し、ブラックリスト、カード忘れ時の自動対応などのさまざまなIDカードの管理機能を搭載。
  7. 監査ログ機能
    システムにアクセスするすべてのログが管理サーバーに保存され、フィルタ機能を使用して、アクセス履歴の検索とレポート化が可能(オプション)。

同社は、 証券会社や投資銀行のトレーディングルームなどに向けて、「Evidian E-SSO」と「クラスタモード」の営業活動を展開し、2013年度までに約2億円の売上を見込む。


大日本印刷
http://www.dnp.co.jp/

ネクサンティス
http://www.nexantis.co.jp/

 

関連記事

ネクサンティス、シングルサインオン製品「Evidian E-SSOクラスタモード」の販売を開始大日本印刷(DNP)の100%子会社であるネクサンティスは2010年9月13日、シングルサインオン製品「Evidian Enterprise SSO」(Evidian E-SSO)の新機能として「クラスタモードオプション」の販売を2010年9月14日より開始することを発表した。

PAGE TOP