アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

富士通フロンテック、超小型金属タグを活用した「物品管理ソリューション」を商品化

2010年9月15日(水)

富士通フロンテックは2010年9月14日、同社のUHF帯RFID製品群「TagFront」のラインナップとして、世界最小クラスのUHF帯金属タグ(超小型金属タグ)を活用した「物品管理ソリューション」を2010年10月末より提供開始することを発表した。

同ソリューションは、OA機器、計測器、什器など、金属・非金属を問わない物品の管理において、RFID関連ハードウェア、新製品の超小型金属タグ、物品管理ソフトウェアをセットにしたソリューション。システム規模の大小や管理形態別に合わせて4タイプがラインナップされる。これにより、カスタマイズ費用を抑えた物品管理のソリューション提供が可能となる。

同ソリューションの特長は以下のとおり。

  1. 物品管理の要件に対応
    物品の棚卸し、貸出/返却管理、不正持出防止など、物品の管理に必要な機能を標準装備。物品の管理業務の効率化を実現できる。
  2. 超小型金属タグを採用
    幅広い用途に使え、容易な取付けと、ロングレンジの通信距離を実現した「超小型金属タグ(2010年10末販売開始)」を採用。同タグは金属、非金属を問わず貼り付けが可能で、金属面貼り付け時で約1.5mの通信距離を確保。実装スペースが限定される小型物品(ノートパソコンなど)にも簡単に取り付けが可能。
  3. オールインワンのソリューション
    RFID関連ハードウェア、新製品の超小型金属タグ、物品管理ソフトウェアをシステム規模の大小や管理形態別に合わせた4タイプを、オールインワンソリューションとして提供。カスタマイズによる費用増加を抑制し、稼動までの時間を大幅に短縮することが可能となる。

 同製品のタイプと各価格(税別)は以下のとおり。各製品とも10月末より販売される。

・タイプ1(既存システム連動型):67万円より
・タイプ2(ハンディターミナル型):176万円より
・タイプ3(ハンディターミナル+リーダライタ型):295万円より
・タイプ4(監視ゲート連動型):524万円より

同社は、同製品の販売目標を3年間で15億円としている。


富士通フロンテック
http://www.frontech.fujitsu.com/

 

関連記事

富士通フロンテック、超小型金属タグを活用した「物品管理ソリューション」を商品化富士通フロンテックは2010年9月14日、同社のUHF帯RFID製品群「TagFront」のラインナップとして、世界最小クラスのUHF帯金属タグ(超小型金属タグ)を活用した「物品管理ソリューション」を2010年10月末より提供開始することを発表した。

PAGE TOP