[新製品・サービス]

シーゴがI/O仮想化装置に新モデル、イーサ接続モデルなど追加

2010年9月15日(水)

シーゴシステムズ・ジャパンは2010年9月15日、I/O仮想化装置の製品ラインアップを拡充し、サーバー接続用ポートの種類を変更したモデルを発表、同日販売を開始した。2010年10月末に出荷する。従来のInfiniBand(20Gbps)に加え、新たにEthernet(10Gbps)とInfiniBand(40Gbps)を選べるようになった。開発会社は米Xsigo Systems。

新たに、I/O仮想化装置とサーバー機を接続する手段を、1種類から3種類へと拡充した。従来は、(1)20Gビット/秒(20Gbps)のInfiniBand×24ポートに限られていたが、今回、(2)40GbpsのInfiniBand×20ポートと、(3)10Gビット/秒のイーサネット(10GbE)×32ポートを選べるようにした。

新モデルの製品名称と価格は、以下の通り。(a1)「VP560イーサネット」が525万円(税別)から。(a2)「VP780イーサネット」が675万円(税別)から。(b1)「VP560 40ギガビット/秒対応版」が525万円(税別)から。(b2)「VP780 40ギガビット/秒対応版」が675万円(税別)から。なお、20Gbps InfiniBandを搭載した既存モデルの価格は、(c1)「VP560」が300万円(税別)から。(c2)「VP780」が450万円(税別)から。

基本となるきょう体は、共有可能なI/Oポートの数に応じて、2機種を用意している。(1)下位のきょう体「VP560」は、高さ2UにI/Oモジュール・スロットを4個搭載する。(2)上位のきょう体「VP780」は、高さ4UにI/Oモジュール・スロットを15個搭載する。I/Oモジュールは全4種類で以下の通り。(1)GbE×10、(2)10GbE×1、(3)4Gbps FC×2、(4)8Gbps FC×2(2010年末出荷)、である。

なお、I/O仮想化装置とは、サーバー機のI/O接続(ネットワーク接続、ストレージ接続)を外出しして仮想化する専用装置である。I/O仮想化装置に接続したサーバー機(デバイス・ドライバをインストール)から、I/O仮想化装置が備えるFC(FibreChannel)ポートやイーサネット・ポートを利用できるようにする。

「Xsigo VP560イーサネット」の外観

関連記事

シーゴがI/O仮想化装置に新モデル、イーサ接続モデルなど追加シーゴシステムズ・ジャパンは2010年9月15日、I/O仮想化装置の製品ラインアップを拡充し、サーバー接続用ポートの種類を変更したモデルを発表、同日販売を開始した。2010年10月末に出荷する。従来のInfiniBand(20Gbps)に加え、新たにEthernet(10Gbps)とInfiniBand(40Gbps)を選べるようになった。開発会社は米Xsigo Systems。

PAGE TOP