アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

ミラポイント、メール・サーバー機に2.3Tバイトの大容量モデル「M7700」を追加

2010年9月16日(木)

ミラポイントジャパンは2010年9月16日、メール・スプール・サーバー機「Mirapoint Message Server 7シリーズ」の上位モデルとして、最大で2.3Tバイトのストレージを内蔵する新モデル「M7700」を発表した。2010年10月1日に出荷する。価格は、1646万500円(税別)から(別途ユーザー数に応じたライセンスが必要)。開発会社は、米Mirapoint。

Message Serverは、社員がインターネット・メールを送受信するための、企業向けメール・サーバー専用機(アプライアンス)である。メール中継(SMTPサーバー)機能とメール受信/格納/閲覧(POP3/IMAP4サーバー)機能を中核とする。これに加え、Webメールやスケジュール共有アプリケーションなどを動作させることができる。

今回発表したM7700は、2010年4月に出荷を開始した現行機種「Message Server 7シリーズ」に新たに追加した、大容量モデルである。2Uラックマウント型のきょう体に、ストレージ内蔵モデルでは最大容量となる1.4Tバイトまたは2.3Tバイトのストレージを搭載する。これに対して、7シリーズ全4モデルのうち、M7700のすぐ下位に位置する「M7000」の容量は、最大900Gバイトである。

1台でM7700よりも多くのストレージ容量を要する場合は、7シリーズの既存モデルとして、外部SANストレージを利用し、HA(高可用性)クラスタリング構成が可能な「S7000」(Message Server 7000-SAN Edition)を利用できる。1台のS7000に、FC(FibreChannel)接続型の外部SANストレージを最大6.5Tバイトまで接続して運用できる。

なお、ミラポイントジャパンでは、今回新モデルを発表したMessage Server以外にも、メール送信/中継に特化した「RazorGate」と、アーカイブ専用の「RazorSafe」を用意している。国内1次販売代理店は、シーティーシー・エスピー、ソリトンシステムズ、日商エレクトロニクス。

関連記事

ミラポイント、メール・サーバー機に2.3Tバイトの大容量モデル「M7700」を追加ミラポイントジャパンは2010年9月16日、メール・スプール・サーバー機「Mirapoint Message Server 7シリーズ」の上位モデルとして、最大で2.3Tバイトのストレージを内蔵する新モデル「M7700」を発表した。2010年10月1日に出荷する。価格は、1646万500円(税別)から(別途ユーザー数に応じたライセンスが必要)。開発会社は、米Mirapoint。

PAGE TOP