データマネジメント データマネジメント記事一覧へ

[データマネジメント—“活用されるシステム”の極意]

データマネジメントの全体最適化は、組織間でのデータ連携から 第3回

2010年9月21日(火)

情報システムを経営に生かす-その根源となるのはデータの品質である。SOA(サービス指向アーキテクチャ)やクラウドコンピューティングなど技術革新の 激しいITの世界だが、データ品質の維持管理の視点が欠けていては恩恵を享受することはできない。「活用されるシステム」を具現化するための、データマネ ジメントの勘所を解説する。

第3回は、複数システム間のデータ連携が不十分なことにより発生する問題点と、その対応策について説明する(図1のBの部分)。

データの品質低下は様々な要因で起こり得る
図1 データの品質低下は様々な要因で起こり得る

仕入れから販売に至る商材の流れや業務プロセスを効率化するはずのサプライチェーンマネジメント(SCM)。しかし、企業間でデータの流通が滞り、商流の川下になればなるほど、実際には同一の対象(顧客、商品など)を指し示すデータなのに表記が異なって組織間で共通の認識・識別がず、SCM本来のメリットを蝕んでいるケースが散見される。

図2をご覧いただきたい。注目するのは、ある文具メーカー(左端)から商品を仕入れるサプライヤ2社の商品データベース(商品マスター)である。

情報を受け取る「下流」ほどデータの「識別性」が低下する
図2 情報を受け取る「下流」ほどデータの「識別性」が低下する

同一のファイル製品の情報を入力した際に、表記の方法にかなりの差異が見てとれる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
データマネジメント—“活用されるシステム”の極意一覧へ
関連記事

データマネジメントの全体最適化は、組織間でのデータ連携から 第3回情報システムを経営に生かす-その根源となるのはデータの品質である。SOA(サービス指向アーキテクチャ)やクラウドコンピューティングなど技術革新の 激しいITの世界だが、データ品質の維持管理の視点が欠けていては恩恵を享受することはできない。「活用されるシステム」を具現化するための、データマネ ジメントの勘所を解説する。

PAGE TOP