グローバル展開 グローバル展開記事一覧へ

[ザ・プロジェクト]

5000人が使う通信インフラを3カ月で入れ替え、海外からの社内アクセスを容易に【大塚製薬】

2010年9月22日(水)

長きにわたって付き合ってきたベンダーから別のベンダーに乗り換えるのは勇気がいる。乗り換えの対象が、企業活動を支える通信インフラとなればなおさらだ。大塚製薬は2010年7月、13年にわたって利用してきたリモートアクセス環境を、新規サービスに切り替えた。その狙いを聞く。 聞き手は本誌副編集長・川上 潤司 Photo:陶山 勉

周防勝彦氏
周防 勝彦 氏
大塚製薬 IT推進室 課長
2002年に大塚製薬入社。SAP R/3を用いた会計システム刷新プロジェクトに参画し、導入後は運用を担当。2006年からはMRのPDCAマーケティングを支援する営業支援システムの再構築に従事したほか、インターネット上でのチケット手配や旅費精算、会計システムの連携も手がけた。このほか、今回のプロジェクトでは、プロジェクトリーダーを務めた


加藤毅氏
加藤 毅 氏
大塚製薬 IT推進室 課長
1991年に大塚製薬入社後、臨床検査システムの外販事業において、導入SI業務に携わった。2006年に本社情報システム室に異動し、クライアント系インフラを担当したほか、2006年の本社移転プロジェクトでは新社屋でのLAN構築に従事。2007年からは、無線LANの全国展開やメールサーバー刷新といったプロジェクトに参画。今回のプロジェクトでは展開・運用フェーズを担当した


前川智明氏
前川 智明 氏
京セラコミュニケーションシステム コミュニケーションサービス事業部 エンタープライズサービス課
2001年に京セラコミュニケーションシステム入社。2002〜2003年、KDDIに出向しau携帯電話向けプラットフォームのサービス仕様策定、コンテンツ開拓業務に従事。その後、愛知万博実証実験プロジェクトを経て、2006年からリモートアクセスサービスの開発に従事。現在、同サービスの提案・導入部隊に所属している。今回のプロジェクトでは、開発リーダーを務めた


黒瀬智尚氏
黒瀬 智尚 氏
京セラコミュニケーションシステム ビジネスイノベーション営業部 エンタープライズ営業部 東京EP営業1課 グループ長
2005年、京セラコミュニケーションシステム入社。通信料金の一括請求サービス「グリーンネットサービス」の営業業務を経て現職。現在は、リモートアクセスサービスに加えて、BPOの営業活動を展開している。今回のプロジェクトでは、営業担当者として自社の既存製品やサービスを組み合わせたシステム案を提示。新規ベンダーながら受注にこぎつけた


この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

5000人が使う通信インフラを3カ月で入れ替え、海外からの社内アクセスを容易に【大塚製薬】長きにわたって付き合ってきたベンダーから別のベンダーに乗り換えるのは勇気がいる。乗り換えの対象が、企業活動を支える通信インフラとなればなおさらだ。大塚製薬は2010年7月、13年にわたって利用してきたリモートアクセス環境を、新規サービスに切り替えた。その狙いを聞く。 聞き手は本誌副編集長・川上 潤司 Photo:陶山 勉

PAGE TOP