[河原潤のITストリーム]

エバーノートが切り開く、新時代のパーソナル情報管理:第24回

2010年9月22日(水)河原 潤(IT Leaders編集委員/データセンター完全ガイド編集長)

クラウドサービスとして提供されている情報管理ツールの「エバーノート(Evernote)」が人気を博しています。“すべてを記憶するサービス”と銘打たれた同ツールでは、テキストやPDF、写真、画像、音声といったさまざまなフォーマットのファイルを、クリッピングする感覚で保存し、タグ付けによって簡単に管理/整理することができます。これらのファイルはすべて、開発元であるエバーノートのデータセンターに格納され、ユーザーは、Webブラウザやプラットフォームごとに用意されたクライアントアプリケーション(Windows、Mac、iPhone/iPad、Windows Mobile、BlackBerry、Androidの各版)からいつでも簡単に呼び出すことが可能です。

世界中で400万人を超えるユーザー(2010年8月時点)から支持を集める理由は、このツールが文字どおりのユビキタスを実現している点にあります。例えば、「外出先ではiPhone、オフィスではWindows、自宅ではMac」といった具合に、異なるプラットフォームのマシンを使い分けているユーザーは、アイデアを思いついたり写真を撮ったりするたびに、その時点で目の前にあるマシンから、自身のエバーノートのフォルダに情報を放り込むことができ、また、後で行うファイルの整理も、どのマシンを使っても行えるのです。

エバーノートによれば、国別のユーザー数は日本が米国に次いで多く、これは日本語版が提供される以前からそうだったとのことです。パーソナルな情報管理/整理は、昔から日本人が得意とするところであり、このツールが日本のユーザーの指向にぴたりとフィットしたことの現れだと言えます。

昨今、ソーシャルネットワーキング技術などを駆使した、業務にまつわる情報やデータ、ナレッジがスムーズに“つながる”ツールの活用がさかんに謳われていますが、そうした組織での情報活用の前提となる、個人レベルでの情報管理が、エバーノートのような、パーソナルユース特化型の、いわば“つながらない”ツールの活用によって促進されているというわけです。

エバーノートの、勢いのあるサービスならではの頻繁なバージョンアップ/新機能の投入には目を見張るものがあります。情報やデータについては“つながらない”ことがコンセプトですが、サードパーティーツールとの機能連携は積極的に推し進められています。このツールを起点とした、新たなパーソナル情報管理の世界の広がりに、今後も期待したいと思います。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
河原潤のITストリーム一覧へ
関連キーワード

Evernote

関連記事

エバーノートが切り開く、新時代のパーソナル情報管理:第24回クラウドサービスとして提供されている情報管理ツールの「エバーノート(Evernote)」が人気を博しています。“すべてを記憶するサービス”と銘打たれた同ツールでは、テキストやPDF、写真、画像、音声といったさまざまなフォーマットのファイルを、クリッピングする感覚で保存し、タグ付けによって簡単に管理/整理することができます。これらのファイルはすべて、開発元であるエバーノートのデータセンターに格納され、ユーザーは、Webブラウザやプラットフォームごとに用意されたクライアントアプリケーション(Windows、Mac、iPhone/iPad、Windows Mobile、BlackBerry、Androidの各版)からいつでも簡単に呼び出すことが可能です。

PAGE TOP