[株価から見るIT企業の強みと弱み]

買収による増収効果でさらなる買収を可能に統合ITベンダーとしてIBMを追撃[オラクル(ORCL)]

2010年9月28日(火)

欧州、特にギリシアの経済危機に端を発した世界同時株安で、IT企業の株価が軒並み低迷している中、米オラクルの株価が堅調だ。この背景には何があるのか、同社の業績そして株価について追ってみよう。

オラクルの事業構成

オラクルといえば、言うまでもなく世界でトップシェアを誇るOracle Databaseを提供するソフトウェアベンダーだ。とはいうものの、同社はデータベースだけではなく、その提供する製品は幅広い。まずは同社の事業構成について追ってみよう。同社のセグメントは、(1)新規ライセンス、(2)サポート、(3)サービス、および、(4)ハードウェアからなる(図1)。

図1 オラクル カテゴリー別売上高および営業利益率推移(単位:百万ドル、%)
図1 オラクル カテゴリー別売上高および営業利益率推移(単位:百万ドル、%)

このうち(1)新規ライセンスについては、主力はデータベース・MW(ミドルウェア)だ。中核製品のOracle Databaseにくわえて、データベースクラスタリング(Oracle RAC)、インメモリーデータベースといったデータベース周辺製品、および、BEA Systems買収により統合したWeb Logic(現在は、Fusion Middlewareに統合)などから構成される。アプリケーションも、同社のERP製品Oracle EBSにくわえて、買収製品であるSiebel (CRM)、PeopleSoft(EPM)が並ぶ。

データベース・MW、アプリケーションを合わせた新規ライセンスは、過去5年間に40.9億ドル(05年5月期)から75.3億ドル(10年5月期)へと、ほぼ2倍まで拡大。競合企業の買収、さらには買収製品を利用する顧客に他のオラクル製品を提供するといったクロスセルによるシナジー効果が、新規ライセンスの増加を押上げている。

オラクル 主要ニュース
2010年5月 データベースファイアウォールを手掛けるSecerno社の買収を発表
2010年4月 ヘルスケアソフトウェアのPhase Forward社の買収を発表
2010年2月 SOA管理ツールを提供するAmberPoint社の買収を発表
2010年1月 サン買収の完了
2009年11月 Exadata V2の発売

利益率の高いサポート

この新規ライセンスの押上げは、さらに(2)サポートおよび(3)サービス売上の拡大をもたらす。サポートについては、新規ライセンス購入後の製品アップデート・技術サポートが含まれており、1年単位で契約するため安定した収益を見込める。加えてセールス・マーケティングコストなどが不必要であるため営業利益率は80%を超える高い水準であり、オラクルの利益の源泉となっている。新規ライセンスの拡大→それに伴うサポートの拡大→利益率・利益額の増額→フリーキャッシュフロー(余剰資金)の増額→さらなるM&A・研究開発、という好循環を、M&Aおよびクロスセルによって生み出していることが、同社の強みと言えるだろう。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
株価から見るIT企業の強みと弱み一覧へ
関連記事

買収による増収効果でさらなる買収を可能に統合ITベンダーとしてIBMを追撃[オラクル(ORCL)]欧州、特にギリシアの経済危機に端を発した世界同時株安で、IT企業の株価が軒並み低迷している中、米オラクルの株価が堅調だ。この背景には何があるのか、同社の業績そして株価について追ってみよう。

PAGE TOP