[新製品・サービス]

日本ユニシス、金融機関向けにSaaS型の「手形管理システムサービス」を提供開始

2010年9月24日(金)

日本ユニシスは2010年9月24日、地方銀行、信用金庫、農協関連などの金融機関向けに、事務コストの削減を支援するSaaS型の「手形管理システムサービス」を10月1日から提供開始すると発表した。

今回、手形管理業務のうち「手形交換」、「手形期日管理」、「手形Web照会」の各業務向けに開発・提供しているパッケージのシステム基盤をベースにサービス化された。各業務の概要は以下のとおり。

  • 手形交換:各種帳票や交換引落データの作成など、手形交換所への持出業務および手形交換所からの持帰業務に関わる処理全般。
  • 手形期日管理:手形の入庫、出庫や、組戻、残高照合など、取立手形全般に関わる事務集中部内での期日管理による手形保管処理全般。
  • 手形Web照会:手形交換、手形期日管理の各業務において処理された手形券面のイメージデータや関連情報をWeb上で照会する機能。

手形管理システムサービスは、必要な機能(ソフトウェア)を必要なときに、ネットワーク経由で利用できるSaaS(Software as a Service)形式のサービスとして提供されるため、ユーザーはシステム導入の手間とコストを軽減して必要な業務サービスをすぐに利用できるほか、事務センターにおけるITコストの削減も期待できる。

また、同サービスは、金融機関の情報システムの安全対策基準であるFISC(財団法人金融情報システムセンター)の安全対策基準に準拠したデータセンター(日本ユニシス東京豊洲アウトソーシングセンター)で管理されたシステムを利用し、セキュリティ対策、防犯・防災対策面でも考慮されている。

同サービスはすでに、信金中央金庫(信金中金)が手形交換システムに採用することを決定し、2010年12月に本番稼働を予定している。信金中金が「信用金庫の中央金融機関」として、16信用金庫から受託している手形交換業務に利用するもの。

なお日本ユニシスは、2008年10月に次世代iDC(Internet Data Center)基盤上でICTホスティングサービス(IaaS)の提供を開始し、同基盤でSaaSプラットフォーム・サービス(PaaS)や各種ソリューションを順次SaaS化して提供しており、2010年9月現在で100以上のシステムが同基盤上で稼働しているとのこと。


「日本ユニシスのSaaSサービス」
http://www.unisys.co.jp/services/ict/saas_ap.html

日本ユニシス
http://www.unisys.co.jp/

関連記事

日本ユニシス、金融機関向けにSaaS型の「手形管理システムサービス」を提供開始日本ユニシスは2010年9月24日、地方銀行、信用金庫、農協関連などの金融機関向けに、事務コストの削減を支援するSaaS型の「手形管理システムサービス」を10月1日から提供開始すると発表した。

PAGE TOP