[新製品・サービス]

クラウドを利用して認証システムを短期導入

2010年10月22日(金)

ベリサイン アイデンティティ プロテクション エンタープライズ ゲートウェイ/日本ベリサイン 日本ベリサインは2010年9月7日、認証サービス「ベリサイン アイデンティティ プロテクション エンタープライズ ゲートウェイ」を発表した。認証システムをクラウド上より提供し、認証基盤の短期導入と運用コスト削減を可能にする。

本サービスは社外から社内システムにアクセスするときに利用する。認証には一定時間だけ有効となる使い捨てのワンタイムパスワードを利用。毎回異なるパスワードを発行してIDが外部に漏えいした際の不正利用を防止する。

スマートフォンを利用したパスワードの発行も可能。通常はキーホルダーサイズのトークンを用いるのが一般的だが、在庫管理や故障による修理などの手間がかかる。そこで同社はスマートフォン用ソフトやInternet Explorerにアドオンするツールバーを無償で提供。営業担当者や在宅勤務者などの業務形態に応じてこれらを使い分けられるようにした。

クラウドを利用することで導入期間を最短1〜2カ月にできるほか、社内に認証サーバーを設置するよりも運用コストを約半分に抑えられるという。年間使用料は100ユーザーが利用する場合で25万円から。 (折川)

関連記事

クラウドを利用して認証システムを短期導入ベリサイン アイデンティティ プロテクション エンタープライズ ゲートウェイ/日本ベリサイン 日本ベリサインは2010年9月7日、認証サービス「ベリサイン アイデンティティ プロテクション エンタープライズ ゲートウェイ」を発表した。認証システムをクラウド上より提供し、認証基盤の短期導入と運用コスト削減を可能にする。

PAGE TOP